ニュートン メニュー

株式会社ニュートン

マイクロソフトパートナー

体験版ダウンロード

製品案内

ライセンスパック

ライセンスについて

カスタマイズ受付

製品購入ガイド









直販ショップ!
ニュートンストアで購入
コンポーネントソースで購入
SE Shopで購入

優待販売・
 キャンペーン情報

ユーザサービス
〔サポートページ〕

サポート体制

お知らせ
・ニュースリリース
・イベント出展
・製品関連記事

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ先

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

ニュートンホーム 製品案内
TeeChart Pro JP VCL
新機能および改良された機能

TeeChart Pro JP VCL  
新機能および改良された機能

Build 2015.16.150901
 「Detail」 プロパティ
系列データの「ドリルダウン」を行えるようにする、Series クラスの新しい 「Detail」 プロパティと「Add」 メソッドのオーバーロードが付いた、系列の「マスター詳細」機能。
サンプルデモは以下にあります。
http://www.teechart.net/files/public/support/SeriesDetailSample.zip
 TChartLayout コンポーネント
TChartLayout コンポーネント。複数のチャートを見ながら自動で並べる、スクロール可能なパネルです。



 GDI+ キャンバスの Scale プロパティ
滑らかな見た目のチャートを作成します。デフォルト値は1で、デザイン時と実行時にチャートエディタの3Dダイアログから変更できます。
 3列目の凡例をサポート
新しい TextStyle 値を使用した3列目の凡例のサポート。
1列目はX、2列目は値、3列目はテキスト。
下図は、凡例の各ポイントの X、Y、テキストラベルを示しています。

 TeeChart の標準の系列型を示している、Firemonkey の新たなダッシュボードプロジェクト
GitHub で完全なソースも取得できます。
https://github.com/Steema/TeeChart-for-FireMonkey-applications-samples/tree/master/StandardSeriesDemo
Build 2015.15.150420
 テーマの持続
2015 は、ユーザーがより簡単に見た目のきれいなチャートを作成することを意図して、TeeChart VCL/FMX と .NET バージョンの美的改良を行いました。
それを達成するために、TeeChart VCL/FMX での新しいテーマの使用法と可能性についてのさまざまな外観がTheme persistence(英文) に記載されています。
 内蔵式の新しいテーマと新しいカラーパレット
 

Lookout パレットと呼ばれる全色を示す Lookout テーマの例。

 それぞれ Lookout と Andros テーマに関連付けられています。
 

関連付けられている Seawash パレットの全色を示すAndros テーマの例

Build 2014.12.140923
 マウスのホバリング
現在、マウスをチャートの一部に移動すると強調表示されます。
これには、系列ポイント、凡例、軸ラベル、アノテーションオブジェクトが含まれます。
指定したチャートのホバリングを完全に無効にするには、Hover.VisibleプロパティをFalseに設定してください。

Chart1.Hover.Visible := False;

上記がTrue(デフォルト)の場合でも、個々の項目のホバリングを無効にできます。
// 系列
Series1.Selected.Hover.Visible := False;

// チャートの凡例
Chart1.Legend.Selected.Hover.Visible:=False;

// 軸ラベル
Chart1.Axes.Left.Texts.Selected.Visible:=False;

エディタダイアログの新しいタブで、新しいSelectedプロパティとHoverプロパティをカスタマイズできます。
 
 Firemonkey
Chart BufferedDisplay

Firemonkey
チャートで、Chart1.BufferedDisplayプロパティのデフォルト値が(やっと)Trueになりました。
VCLのデフォルト値は常にTrueになっています。)

BufferedDisplay
の重要性は、(GPUキャンバスを使用する)モバイルアプリケーションではデスクトッププロジェクトよりも大きくなっています。内部のビットマップバッファは、(チャートデータをスクロール/ズームした時など)何度もチャートを再描画する時に速度がかなり上がります。もう1つの内部変更(FiremonkeyTextLayoutのキャッシュ)も(軸ラベル、凡例項目などの)テキストの描画速度を上げます。

モバイルデバイスでの現在の問題は、グラフィックスのGPUの速度(とCPUの速度)が普通のデスクトップコンピュータと比べてまだとても遅いことです。大抵のデバイスで10倍遅いのです。これは、デスクトップで1秒当たり30フレーム行われるアニメーションあるいはチャートのズームが、モバイルデバイスでは1秒当たりたったの3フレームしか行われないということで、とても使用には適しません。

XE7
のキャンバスは、上述したTeeChartのコード変更と共に複数の改良が行われ、(例えば、Google Nexusデバイスで)1秒当たり419フレームという標準的な向上を示しています。以下のGitHubを参照してください。
https://github.com/LaKraven
 
 縦棒/横棒系列
新しいバーの推移アニメーション

複数のバー系列で視覚的にアニメーションを変更するための、VCLFMX両方の新しいクラス。
Firemonkey
のサンプルデモのAnimations->Bar TransitionsDemoAnimBars.pas ユニット)をご確認ください。

使用法:

(同じポイント数の)複数のバー系列とバーの推移アニメーションを追加:


アニメーションを始めたい時のコード:

procedure TBarTransitions.Button1Click(Sender: TObject);
var tmp : TSeriesTransitionAnimation;
begin
  tmp:=(ChartAnimation1.Animations[0] as TSeriesTransitionAnimation);
  tmp.Before;

  // 
バーのMultiBarプロパティの変更例:

  if Series1.MultiBar=mbSelfStack then
     Series1.MultiBar:=mbNone
  else
     Series1.MultiBar:=TMultiBar(Ord(Series1.MultiBar)+1);

  tmp.After;
end;


 
 リボン系列
新しいTLineAnimation

1つ/複数のリボン系列を“progressive”モード(系列の先頭から最終ポイントまでのポイント間を滑らかに補間します)で表示する(VCLFMXの)新しいアニメーションクラス。FiremonkeyのサンプルデモのDemoAnimLines.pasユニットがそれを示しています。



使用法:

チャートに1つ/複数のリボン系列と「リボンアニメーション」アニメーションと以下のコードを追加:

procedure TProgressiveLines.Button1Click(Sender: TObject);
begin
  ChartAnimation1.Play;
end;
 
 TTeeAnimation
新しいOnStopイベント。ある特定項目の停止時に呼び出されます。
 泡クラウド系列
泡を中心かららせん状に表示する、新しい系列スタイル。
系列データ値をベースにしてカラーパレットの作成に関連するすべてのプロパティを継承する、TCustom3DPalette 系列から派生しています。



泡の揃え方、回転方法、間隔を複数のプロパティで制御します。


 
 TTree Navigator
TTreeコントロールのマップを表示する、新しいビジュアルコンポーネント。
このマップナビゲータは、完全なツリー全体(巨大になる場合があります)、ツリーの現在部分を示す矩形を表示します。
矩形をスクロールして、対象のツリー内を移動できます。

詳細情報とデモ:
http://steema.com/wp/blog/2014/08/07/navigator-map-for-ttree-diagramming-control/

 
 系列ポインタ
新しいDarkPen整数プロパティ(デフォルト値:0

0
ではない場合、系列ポインタの周りに枠を描くペンの色はブラシ(ポインタ内部を塗りつぶす)の色をベースにして計算されます。
負の値は明るい色、正の値は暗い色になります。

0
(デフォルト)の場合、ポインタ内部のBrush.Color の代わりに、Pen.Colorが使用されます。


Series1.Pointer.DarkPen := -100;  // 255
255


 
 チャート軸
新しいGrid.DrawAlwaysブール式プロパティ(デフォルト値:False
True
の場合、軸ラベルが非表示でも軸グリッド線が描画されます。

Chart1.Axes.Left.Texts.Visible := False;
Chart1.Axes.Left.Grid.DrawAlways := True;

False(デフォルト)の場合、グリッド線は軸ラベルも表示する場合のみ表示されます。
 

 極、ローズ、スミス系列
AddNullメソッド、AddNullXYメソッド、TreatNullsプロパティで、nullポイントのサポートが追加されました。
 
 配色
現在、テーマエディタでチャート全体の表示形式特性の色を設定できます。

スキームを1クリックすると、すべてのプロパティのすべての色(フォントの色、ペンの色、ブラシの色など)が差し替えられます。



注意:

色の設定とテーマの使用は関係ありません。任意のテーマと任意のスキームを組み合わせられます。

また、新しいTThemesListクラスのApplyColorsメソッドやApplyFontメソッドを使用してカラースキームをコードで変更することも可能です。


Uses TeeThemes;
TThemesList.ApplyFont( Chart1, ‘Verdana’ ); // ←
全フォントを全体的に差替
TThemesList.ApplyColors( Chart1, TeeColorSchemes[3] );   // ←
使用する色の配列
 
 システムテーマ
チャートの色やフォントに合うように、現在のVCL/FMXアプリケーションのテーマに新しい“System”テーマを使用します。

Uses TeeThemes;
TSystemTheme.ApplyStyle( Chart1 );
 
 その他の変更
新しいXE7MultiDeviceFMX UIエディタでは、系列データは各UIビューで重複されません。
新しい内部のTCoordinate型は、VCLFMXを区別するために、多くのIFDEF FMXを防ぎます。FMXではSingleVCLではIntegerとして定義されます。
マウス/指でチャートをドラッグする時の対数軸のスクロールの改良。
XE7では、BDE (Borland Database Engine)の使用を削除(現在、BDEは廃止予定です)。
TChartAxisのグリッドのDrawAlwaysブール式プロパティ。
現在、HTML5 Javascriptエクスポート形式は、最新オンラインバージョンのteechart.jsスクリプトを使用します。
45°の軸ラベルの回転表示の改良。
ゲージのFace.Visibleプロパティのデフォルト値を変更(現在、False)。
現在、マーカチップツールのHideDelayプロパティはSystemHints = False(カスタムヒント)で使用されます。
 修正されたバグ
修正内容や機能の要望に関する一覧は、TeeChartのオンラインバグデータベースをご覧ください。
http://www.newtone.co.jp/support/sunewtcjp_vcl.html
今回のリリースでは以下を含む、複数の修正が行われました。
系列ポイント上にマーカを描画する時の系列マーカの検出のバグを修正。
複数の系列が非表示の場合の凡例のチェックボックスのクリックの修正。
XE7のFMXのチャートエディタの系列リストボックスの修正(アイコンと色が表示されていない)
ドーナツ系列の内側の「穴」のことを考慮して、Clickedメソッドを改良。
非表示の時にファネル系列がチャートのプロパティをオリジナルの値にリセットする。
AndroidとiOS用の世界地図系列でテキストを読み込むとアクセス違反が起きるので修正。
Custom3DPalette(カラーグリッド)系列のカスタムパレットが機能していない。
Build 2014.11.140512
 TeeRecompile
TeeChartソースコードの自動リコンパイルツールに、自動ビルドに便利な新しいコマンドラインのサポートが付いています。

使用例:
TeeRecompile.exe -silent -build:7,19 -debug -install -skip:vcl,fmx,tree,qr,maker

start /wait TeeRecompile.exe -silent -build:all -sources:”c:\mysources”

TeeRecompile.exe /silent /build:Lazarus,16,18 /log:”c:\logs\teelog.txt”

注意:
  • “-build:”以外、すべてのパラメータは任意です。
  • -build: XX,YYは、IDE番号付きのカンマで区切られたリストです(7=D7, 19 = XE5,など)
  • -silentの意味は、終了すると0(またはエラーコード<>0)を返して閉じます。
  • -debugは、$D+デバッグ情報(XE5およびそれ以上では$D2)を使用してすべてコンパイルします。
  • -noinstallは、コンパイル後にパッケージのコピー/インストールをしません。
  • -skipは、指定したコンポーネントおよび/またはプラットフォームではパッケージをコンパイルしません。

    -skip:vcl,fmx,tree,qr,maker,win32,win64,osx,iosdevice,iossimulator,android
  • -sources:”path”は、TeeChartのソースコードを含むルートフォルダを示します。
  • -log:”filename”は、フルプロセスのログを保存するファイル名を示します。
 チャートの凡例
凡例シンボルの新しいHeightプロパティとHeightUnitsプロパティ。
チャートの凡例シンボルの垂直ピクセルサイズ、または利用可能な領域のパーセント(凡例のフォントサイズによります)で指定できます。
重要な変更:現在、凡例シンボルのSquaredプロパティのデフォルトはTRUEです。 以前はFALSEでした。理由は外観で、四角い方が色々な状況やさまざまな系列スタイルで見栄えが良いからです。
Chart1.Legend.Symbol.Squared := False
現在、凡例シンボルと系列の形式を一致させるために、凡例シンボルの表示に系列のTransparencyプロパティが使用されます。
 チャートの系列リスト
新しいClickedメソッド。XYピクセルパラメータとValueIndexパラメータに指定した系列と系列ポイントを返します。
ASeries := Chart1.SeriesList.Clicked( x,y, ValueIndex )

どの系列にもXYポイントがない場合は“nil”を返します。

マーカチップツールに使用例が1つあります。このツールは、SeriesList.Clickedメソッドを呼び出して、マウスカーソルの位置にどの系列があるかを取得します。

 縦棒と横棒系列
3D描画時においてバースタイルが 傾斜立方体や菱形の時に、xyをマウスクリックした時のClickedメソッドの検出を改良。現在、このアルゴリズムは、3D表示(直交や遠近法)のバースタイルが 傾斜立方体のバー側面に含まれます。
 系列マーカ
新しい“smsLabelOrValue”マーカスタイル。現在、これがデフォルトのスタイルになっています。
系列ポイントのラベルのテキストが空の場合は、代わりにポイント値を使用します。
Series1.Marks.Style := smsLabelOrValue
新しい(TAutomaticText型の)Automaticプロパティ。

注意:このプロパティは、まだすべての系列スタイルでは対応されていません。現在は、マップ系列と世界地図系列で使用されています。

この“Automatic”プロパティの目的は、系列マーカが他のマーカやチャートの他の内容と重なって表示されないように、下記のサブプロパティの機能を自動で行いま
す。すべてのサブプロパティのデフォルト値はTrueになっています。

注意:現在、既存のAutoPositionプロパティは非推奨で、Automatic.Moveプロパティにマッピングされています。

マーカが重なり合わないように、最初にマーカの位置が再設定されます。それでもマーカが適切に表示されない場合は、自動配置後のAutomatic.Hideが起きる時に再設定されます。

系列は、マーカが収まらない場合そのマーカを非表示にします。Automatic.Resizeは、マーカが非表示にされる前にフォントサイズを自動的に小さく調節して表示できるかどうか試します。

Automatic.Wrap
は、マーカテキストがマーカに収まるように折り返して複数行にします。

Automatic.Rotate
は、マーカを45度または90度に回転させることで、マーカをより多く収めることができる場合があります。
 カスタム系列
Boolean 型の新しいInflateMarginsプロパティ(デフォルト値:True)。
False
の場合、リボン/面系列は、軸を広げて系列のポイントを枠のサイズに 収めようとしません。これは、Series1.Pen.Width2よりも大きい場合 、よく分かります。
 サークル系列
TFramedBorder型の)新しいFrameプロパティ。
このプロパティは、以前は円系列やゲージ系列でのみ利用できました。現在は変更され、より汎用的な「サークル」系列で採用されているので、極系列といった他の系列で も使用できます。このプロパティを有効にすると、円周に3つのグラデーションの輪を表示します。
Series1.Frame.Visible := True

 系列ポインタ
ポインタの新しい矢印スタイル(psArrow列挙型)
Series1.Pointer.Style := psArrow
  ポインタにイメージを表示する、TTeePicture型の新しいPictureプロパティ。
Series1.Pointer.Picture.LoadFromFile(‘Fire.png’)

新しいパブリックプロパティ:
SizeFloat (Single)
SizeUnits (suPixels
またはsuAxis)

SizeFloat
は、(小数点で)より正確にポインタサイズを指定できます。
SizeUnits
は、ポインタサイズを画素ではなく軸スケールを使用して計算します。

つまり、“suAxis”の場合、チャートのズームは、ズームされたポイントも表示します。
この機能は、主としてマップ系列で内部的に使用されます。
 ゲージ
円形ゲージの360度以下のフレーム表示の改良。

色付きの範囲線の描画が滑らかになりました(より正確で、アンチエイリアス処理がされています)。
円形ゲージの新しいHandsコレクションプロパティ。現在、複数の針を表示できます。各針には、独自の形式と値があります。

以前
“Hand”プロパティはまだサポートされていますが、Hands[0]になります。
円形ゲージの新しいHandスタイル:psArrow(針の末端に矢尻を描画します)
Series1.Hand.Style := psArrow
線形ゲージ、ノブゲージ、円形ゲージの新しいRanges[]コレクションプロパティは、ゲージのセグメントを3色以上で塗りつぶせます。既存の“GreenLine”“RedLine”プロパティはまだサポートされていますが、Range[0]Range[1]になります。

現在、各範囲はノーマル/スパイラル表示をサポートしています。各範囲には新しいPositionプロパティ(ゲージ中心からの半径%)と、範囲を決めるStartValue/EndValueプロパティがあります。
新しいAxisRanges[]コレクションプロパティは、範囲 セグメントに軸を描くために使用することができます。各範囲セグメントには、形式のプロパティがあります。
 円形ゲージ
 
ラベルが重なり合わないようにするための、ゲージの軸インクリメント(ゲージの軸ラベルの間隔)の自動計算。普通のチャートと同じく、0の場合は自動インクリメントになります。
新しい時計ゲージ系列。一例として、円形ゲージで作成された、針が3つ(長針、短針、秒針)の時計。
現在、円形ゲージの軸ラベルは、Canvas Texoutではなく、Axis.DrawAxisLabelメソッドを使用して表示されます。これは、Axis.Textsのすべての形式プロパティを(背景、影、など)サポートできます。
デザイン時と実行時に複数の範囲や針の編集をサポートするために、ゲージエディタダイアログが変更されました。
現在、円形ゲージのマーカがサポートされています。

デフォルトのMarksプロパティを使用して、ゲージの針の値をゲージの中心の下に表示できます。
Series1.Marks.Visible := True
 キャンバス
GDIGDI+キャンバスの半透明な(アルファ)PNGイメージのサポートを改良。PNGの透過イメージは、現在、正しく背景に溶け込みます。(注意:Chart1.BufferedDisplayプロパティはTrueでなければなりません)
これは、Canvas DrawStretchDrawメソッドの両方に当てはまります。
新しいCubeHullメソッドは、3D立方体を囲む多角形を返します。(Clickedメソッドを使用した3Dバーでのマウスクリック検出のために)カスタムバー系列と、(軸で囲まれた3D立方体の外側の描画を制限するために)Canvas.ClipCubeメソッドで使用されます。
boolean型のIsAvailable内部クラスの新しい仮想関数。GDI+キャンバスはこの関数をオーバーライドします。以下の「その他の変更」を参照してください。
現在、GDI+キャンバスはオブジェクトのShadow.SmoothプロパティがFalseの場合、平らな影を正しく表示します。
Chart1.Legend.Shadow.Smooth := False
OpenGLキャンバスのペンの透明度の表示を改良。OpenGLではないキャンバスから切り替えた時と一致するようズームを改良。
 世界地図系列
 
世界系列とマップ系列の「レイヤー」
マップの「レイヤー」コンセプトは、付加的な系列を使用することで簡単に実装できます。各レイヤーには独自のプロパティを持った別の系列があり、同一チャート上に次々と描画されます。

また、同一チャートに複数のマップ/世界地図系列を使用/組み合わせることができます。
この新リリースでは、Google Earthのプレイスマーク付きのKMLファイルのようなGISファイル形式や、多角線(道など)を含んだShapeFileファイルを処理する新しいメソッドがあるので、マップのレイヤーはより便利になりました。

世界の国名のISO 2-letterコード(例:Canada=CA)が増え、系列マーカに国名/コード/両方を表示できます。
中国、フランス、日本の地図が含まれました。各国/県に1つの多角形が使用されます。
新しいTeeFlags.resリソースには、すべての国旗イメージ(小さなgif)が含まれています。国旗を使用して世界地図系列の各領域に表示できます。また、国情報を表示する時にチャートグリッドにも表示できます。
国旗を表示するために、新しいプロパティが導入されました。
Series1.Flags.Visible := True
新しいAddCitiesクラスメソッド
このメソッドに系列を渡すと、XYポイントで塗りつぶされた系列と最大世界都市のテキストを返します。XY値は経度/緯度として度数で表します。
TWorldSeries.AddCities( MySeries1 )

これは、例えば、都市のある位置にポインタを表示する散布図系列を表示するのに役立ちます。都市名の一覧や位置は、カスタムリソースに内部的に格納されます。

新しいEntitiesプロパティ(注意:実験的)
このプロパティは、ノード(各ノードは多角形のグループです)のツリー構造を含んでいます。
使用例:
WorldSeries1.Entities.Europe.Visible := False
WorldSeries1.Entities.America.North.USA.Visible := True


Entities
ツリーのノードはすべて、Shapesフィールド(TTeePolygon配列)を含んでいます。これは、例えば、全アジア諸国の透明度を簡単に変更するような、プロパティの変更に役立ちます。
var Asia : TTeePolygons;
Asia := WorldSeries1.Entities.Asia;
for t := 0 to Length(Asia)-1 do
    Asia[t].Transparency := 50 ;
 マップ系列
TTeePolygonの新しいCode(文字列)プロパティ。これはTextプロパティの代替文字列で、多角形に系列マーカを表示する時に使用できます。
TTeePolygonの(TPointを返す)新しいCentroid関数。Centroidは、多角形のすべてのポイントと最も等距離の多角形のXYポイントを返します。これは、多角形の境界矩形の中央のXY位置とは異なります。
Centroidの位置は、多角形にテキストのマーカを表示する時に使用します。
TTeePolygonの(IBackImage型の)新しいPictureプロパティ。多角形の内側をイメージで塗りつぶすことができます。
新しいITeePolygonGroupクラスは、論理的な多角形(シェープ)グループを作成して、全項目のプロパティを1つのグループプロパティで変更できます。グループは、例えば、さまざまな国から成る大陸/国の州または県をまとめるために、世界地図系列で使用されます。
新しいShapes.ByCode配列プロパティは、指定した国名コードのシェープを返します。
var tmp : TTeePolyong;
tmp := Series1.Shapes.ByCode[‘CA’] ; //
「カナダ」のシェープを返します。
新しいMapMarksプロパティ。系列のテキストマーカを多角形にカスタム表示するプロパティを含んでいます。
MapSeries1.MapMarks.AutoSize := False

AutoSize
boolean型、デフォルト値:True)は、フォントサイズを変更して多角形にテキストを収めます。
Centroid
boolean 型、デフォルト値:True)は、多角形の矩形領域の中心ではなく、多角形の重心にテキストを配置します。
TextStyle (mtLabel, mtCode, mtBoth) は、多角形に表示するテキストを選択します。
Uppercaseboolean型、デフォルト値:False)は、Trueの場合、マーカテキストを大文字で表示します。
TSeriesPointerの)新しいPointerプロパティとPointSize (Single) プロパティ。これらのプロパティは、マップ系列に項目を多角形ではなくシンプルなポインタとして表示できます。これは、例えば、空港、都市、あるいは何であれ世界地図に何千もの点を表示するのに役立ちます。
ポイントサイズが0(デフォルト)の場合、地図をズームするとサイズは自動的に変更されます。
MapSeries1.Pointer.Style := psCircle
TTeeKMLSource.Loadメソッドは、地図に表示するためにGoogle Earthのファイルをパース/読み込んで位置(PlaceMarkのノード)や道(LineStringのノード)を抽出できます。
TTeeKMLSource.Load( Series4, ‘c:\restaurants.kml’ )
マップ系列の複数の最適化の目的は、地図をズーム/スクロールした時の描画速度を向上することです。最高速度は、OpenGL キャンバスの使用時です。
PolylinePolygon要素にShapeFile (*.shp) 形式のサポートを追加。

(Unit VCLTee.TeeShp.pas / FMXTee.Import.ShapeFile.pas)

LoadMap( Series3, ‘c:\roads.shp’)
 3D / パレット系列
3D系列のカラーパレットは、現在凡例にカスタムテキストを表示できます(実行時のみ)。
Series1.Palette[0].Text := ‘Very Good’
Series1.Palette[1].Text := ‘Important’

...

凡例のTextStyleプロパティは、このパレットテキストを どのように表示するかを決めるために、他のすべての系列型で使用するように使用されます。
Chart1.Legend.TextStyle := ltsLeftValue
 3Dタワー系列
新しいStackedプロパティ。
TeeChart Pro .Net
と同じように、複数のタワー系列を積み重ねて表示できます。
Series1.Stacked := tsStacked

 三角系列
TTextShape型の)新しいVertexTitleプロパティは、三角軸の頂点のタイトルの書式のプロパティを有効にします。

描画速度と、軸ラベル、凡例チャートマージンの計算、系列の透明度などを向上するために、三角系列に複数のリファクタリングが適用されました。
 チャートツール
マーカチップツールの新しいSystemHintsboolean型、VCLのデフォルト値:TrueFiremonkeyのデフォルト値:False)プロパティ。
False
の場合、VCLのシステムメカニズムではなく普通のITeeShapeオブジェクトを使用してチップツールを描画します。
ChartTool3.SystemHints := False;
ChartTool3.Format.Font.Size:=14;
システムのヒントと比べた時の唯一の短所は、チャートの境界外にシェープを表示できないことです。
SystemHints
Falseの場合、ヒントを表示するためのすべての形式プロパティ(ブラシ、ペン、フォントなど)が(ITeeShape型の)新しいFormatプロパティに含まれています。
現在、マーカチップツールは、FiremonkeyではSystemHintsプロパティのデフォルト値がFalseでサポートされています。
良い副作用として、Firemonkeyの近傍点ツールは、現在、マーカチップツールを使用したヒント表示をサポートしています。
サブチャートツールの新しいCloneメソッド
サブチャートを複製します。実行時とデザイン時にもサブチャートツールのエディタダイアログにある新しい「複製」ボタンを使用できます。
ChartTool1.Charts.Clone( ChartTool1.Charts[3] );
 チャートギャラリパネル
ギャラリパネルの小さな新機能。NumColsプロパティが0の場合、列は行の高さをベースに自動計算されるので、列数がわからなくても、ギャラリに「正方形」の(幅と高さが同じ)チャートを維持したい場合でも、コンテナパネルの幅がどんなに大きくても、前もって列数を指定する必要はありません。
ASeriesパラメータと同じクラスの系列を含んでいるギャラリのチャートをフォーカスする、新しいSelectSeries(ASeries)メソッド。
現在、ギャラリを表示する度にチャートギャラリのサイズを保持/使用するために、Windowsのレジストリにチャートギャラリのサイズが格納されます。チャートのツールのギャラリダイアログは、レジストリにサイズの読込/保存も行います。
 エクスポート形式
FireMonkeyプロジェクトのJavascriptへのエクスポートは、現在、マーカチップツールオブジェクトをサポートしています。
TeeSaveToJavascriptFile( Chart1, ‘c:\chart1.html’ );
 全コンポーネント
TCustomChartElement 基本クラスに追加された、(TObject型の)新しいTagObjectプロパティ。
TeeChart
のほぼすべてのオブジェクトに任意のオブジェクトを指定できます。
これは、FiremonkeyTagObjectプロパティ/VCLTag (integer)プロパティと似ています。
Series1.TagObject := ListBox1;
ChartTool1.TagObject := MyObject;
 その他の変更
AndroidPaletteAndroidのテーマ)に(914)色を追加。
(新規チャートの作成時に速度を上げるために)チャートのタイトルやフッターの作成を後回しにしました。
現在、TeeListBoxコントロールは、リストの各系列にチェックボックス/ラジオボタンを表示するために、TChart.Legend.CheckBoxesへの変更を正しく検出します。
マーカエディタダイアログをモーダル表示する、Firemonkeyの新しいTSeriesEditor.EditMarksメソッド。
現在、イメージポイント系列は、付加的な内部プロパティを作成するのではなく、新しいPointer.Pictureプロパティを再利用します。
現在、系列ポインタオブジェクトはTransformプロパティを使用して、例えば、ポインタの回転/アニメーションを行います。
より「モダン」なデザインの、系列スタイルの新しいアイコン。
GDI+キャンバス使用時のdll内部からの例外に対する保護。
GDIPLUS.dll
が呼び出し側のexeで初期化されない場合、TeeChartGDI+キャンバスはこの問題を検出し、例外をあげずに古いGDIキャンバスを使用します。
詳細は、
この リンクを参照してください。

この保護は、多くのエディタダイアログで使用される「チャートギャラリ」パネルコントロールでも行われます。
新しいGDI+キャンバスの(boolean型の)IsAvailable関数は、現在の環境(つまり、exeの呼び出し側がGDI+を初期化しなかった時にdll内部)でGDI+を使用できない場合はFalseを返します。
古いTAntiAliasCanvas (TeeAntialias.pas)を一部改良。注意:このキャンバスは廃止予定なので、GDI+キャンバスに切り替えられています。
現在、イメージエディタダイアログにイメージファイルのサイズが表示されます。
 修正されたバグ
修正項目や新機能に関する一覧は、次のWebページをご覧ください。
http://www.newtone.co.jp/support/sunewtcjp_vcl.html
この新リリースで、以下を含む大量の修正が行われました。
矢印系列の非常に小さな矢印のClickedメソッドでのアクセス違反を修正。
現在、TChart1.ClearChartは、TChartから派生されたカスタムクラスのCreateコンストラクタを正しく呼び出します。
現在、Legend.TextSymbolGapプロパティを設定するとチャートを正しく再描画します。
(例えば、内部のイントラWebの隠れたdllのように)画面に表示せずにチャートを使用した時に「コントロールに親はありません」という例外を避けるための複数の修正。
GDI+ugGDI+のメタファイルの生成イメージの不正なチェックボックスの位置)を回避するために、QuickReportチャートの凡例チェックボックスの描画を修正。
DBChart使用時のXE5の修正。DBChart2回表示した時にメモリーリークと潜在的なアクセス違反がありました。
Firemonkeyのエクスポートダイアログを修正。「名前を付けて保存」ダイアログを表示した時に一部のエクスポート形式のファイル拡張子が正しくなかった。
現在、円系列のExplodedSliceは、円に少なくとも2つのスライスがある時だけ使用されます。
(系列のXY値にDoubleではなくSingleまたはExtended値型を使用するために)定義しているTEEVALUESINGLETEEVALUEEXTENDEDが、現在正しくコンパイルされます。
言語変換の修正。プロジェクトでTeeTranslateユニットが使用されていなかった場合に変換していなかった。
Build 2014.10.140220
 背景イメージ
新しいDrawQualityプロパティ:TStretchDrawQuality(デフォルト値:sqHigh

GDI+
GDIVCL)、そしてFiremonkeyで利用可能です。

GDI
での低品質は、TeeSmooth内部アルゴリズムではなくGDI StretchDraw / Bltの使用を意味します。
GDI+
の品質は、GDI+ InterpolationMode (HighQualityまたはNearestNeighbor)を使用して管理されます。
Firemonkey
では、Canvas.DrawBitmapHighSpeedパラメータ)が使用されます。

Chart1.BackImage.DrawQuality := sqLow;
 系列マーカ
新しいUseSeriesTransparencyプロパティ:Boolean(デフォルト値:True

このプロパティ True の場合、系列の透明度に応じてマーカを透明にします。一方、False の場合、マーカは系列の透明度とは関係なく透明にします。以下のコードで違いをご確認ください。

UseSeriesTransparency プロパティを True にして使用してマーカを透明にする場合:
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
begin
  Series1.FillSampleValues(10);
  Series1.Marks.UseSeriesTransparency := True;
  Series1.Transparency := 50;
end;

マーカ独自の transparency プロパティを使用して透明にする
(つまり、UseSeriesTransparency プロパティを False にして透明にする)場合:
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
begin
  Series1.FillSampleValues(10);
  Series1.Marks.UseSeriesTransparency := False;
  Series1.Marks.Transparency := 50;
end;

 新しい系列(FireMonkey
VCLのイメージポイント系列とデルタポイント系列が、FireMonkeyに 追加されました。
 全系列
TTextShape型の新しいSeries.Legendプロパティ。
この新しいプロパティには、各系列の凡例シンボルにイメージ/アイコンを表示する、Pictureプロパティが含まれています。
この新しいプロパティのおかげで、現在、既存のSeries1.ShowInLegendSeries1.Legend.Visibleは同じ 機能で、Series1.LegendTitleSeries1.Legend.Textが同じ 機能になります。
 イメージポイントとデルタポイント
凡例シンボルの描画を改良。これらの系列は、現在、凡例に各ポイントのイメージを表示します(VCLFireMonkey)。
 カラーグリッド、サーフェス、三角サーフェス系列
(ズームやスクロール時のような)再描画ごとに反復や時間の消費を避けるために、計算された値をキャッシュして速度を改良。
系列ポイント値の追加/変更はキャッシュを空にするので、次の再描画で再計算されます。
OpenGLキャンバスのみでの実験:新しい“Reuse3D”プロテクトプロパティ。
True
の場合、データをCPUから作成/移動するのではなく、GPUメモリのデータから3Dサーフェスを表示します。つまり、(ほとんどの場合)チャートの再描画(例:ズーム/スクロール/回転)時の速度が速くなるということです。
    type TMySurface=class(TSurfaceSeries);
    TMySurface(Series1).Reuse3D := True;
 縦棒系列と横棒系列
現在、円筒は「側面」を描画する代わりに、グラデーションで塗りつぶされた状態で描画します。
現在、3D遠近法でのチャートの回転時に斜度の回転はありませんが、出力品質(および速度)がかなり良くなっています。
ConePercentプロパティ(0100%、デフォルト値:0)が公開されました(前はパブリックプロパティでした)。
 等高線系列
現在、(グリッドセルのデータで)Null値がサポートされています。等高線レベルにnullデータを使用する予定はありません。

Series1.SetNull( 23 ); // ←
現在、ポイントインデックス23nullです。
新しいFilledプロパティ(boolean、デフォルト値:False
このプロパティは、TBrush.Style := bsSolidを設定するのと同じですが、もっと便利で覚えやすいです。
Series1.Filled := True;
塗りつぶしアルゴリズムを変更。現在、セルは等高線のレベル線とまったく同じ計算を使用して塗りつぶされます。
性能に関する注意:(見た目が不自然にならないように)GDI+でアンチエイリアスを無効にしてセルを塗りつぶしますが、旧式のGDIキャンバスの方が高速です。GDIの多角形の塗りつぶしはGDIより遅く、これは何千/何百万ものセルの描画時に非常に顕著です。
ベストな速度にするには、(TTeeOpenGLコンポーネント、または直接TGLCanvasクラスで)OpenGLキャンバスを使用してください。
再描画速度の改良
(系列データ/系列の色が変更されていない場合)再描画の間、等高線レベルの計算がキャッシュされます。
 マップ系列
多角形レベルでの変換アニメーションのサポート。
つまり、マップ系列(あるいは世界地図系列)の多角形を個別に変換、スケーリングまたは回転できます。
現在、Transformプロパティはまだ完全に定義されていないので、プロテクトされています。
    type TMyPolygon=class(TTeePolygon);
    TMyPolygon(Series1.Shapes[15]).Transform.Translate.X := 50;
新しいRenderModeプロパティ。デフォルト値は“rmDefault”です。
3D
モードで“rm2D”に設定すると、多角形は同じZ座標(尾や系列と同じZ)を使用して表示されます。
デフォルトでは、各多角形には独自のZ位置があり、3Dでは違う「深さ」に表示されます。RenderModerm2Dに設定すると、これは無効になります。
 世界系列
新しい地図:英国とドイツの州
注意:州のラベル名はまだ含まれていません。

マップ系列のグローバル変更の結果、2D/3DOpenGLキャンバスを使用している場合は特に世界地図の方が高速です。
新しいKeepAspectプロパティ(boolean、デフォルト値:True)。
地図を表示する場合、地図の見た目をゆがめないように、デフォルトで縦横比(幅vs高さ)が適用されます。チャートのリサイズ時も同様です。
注意: 地図をズームする時は縦横比を維持するためにChart1.Zoom.KeepAspectRatioTrueに設定してください。
 極・等高線系列
極(角度と半径)座標を使用してXYZデータから等高線を表示する、新しい系列スタイル。

この系列は、(円形の背景軸などを描画するために)極系列のクラスから派生しており、(等高線の計算、等高線レベルのカスタマイズ、などのために)等高線系列の内部フィールドを含んでいます。

X」インデックスは、角度(0360度)に変換されます。例えば、3DグリッドにNumXValues = 10がある場合、各角度の間隔は36になります。

Z」インデックスは半径を定義し、「Y」値はレベル線の計算に使用されます。

Series1.AddXYZ/AddNullXZ
メソッドを使用して、手動でデータを追加できます。

RotationAngle プロパティを90に設定すると、ラベルは北を0度に、東を90度に、南を180度に、西を270度に描画します。

  Series1.RotationAngle:=90;
  Series1.AngleLabels.ClockWise:=True;

 系列統計ツール
系列統計ツールの追加された系列をすべて削除(破棄)する新しいメソッド。

系列統計ツールの
ChartTool1.FreeStatsSeries;

追加したすべての系列を削除(破棄)できる、系列統計エディタダイアログの新しいボタン。

 凡例パレットツール
新しいTitleSubTitleFootSubFootプロパティはデザイン時に はチャートエディタで、実行時にはコードで設定できます。
ChartTool1.Title.Caption := 'Speed';

これは以下にアクセスするのと同じです。
ChartTool1.Chart.Title.Caption

 折れ線系列
複数のCPUを使用して複数の折れ線系列を並列描画するための新しい試験的なコード(詳細は以下をご覧ください)。
折れ線系列に、Xおよび/またはY値の軸座標を再計算しないよう伝える、新しい(高度な)プロテクトプロパティ。
折れ線系列の更新をリアルタイムで表示していて、最高速度を要し、X座標は少しも変わらない(Y値だけ更される)場合、このbooleanプロパティを設定して、何度も軸スペースのX位置を再計算する時間を省くことができます。
type TMyFast=class(TFastLineSeries);
TMyFast(Series1).ReuseXValues := True;
 極、レーダー、風向図系列
新しいColorEachLineプロパティ(boolean、デフォルト値:True)。

ColorEachPointプロパティ
Trueの場合、ColorEachLineプロパティはポイントの接続線の色を線ごとに変えるか を定義します。
PolarSeries1.ColorEachPoint := True;
PolarSeries1.ColorEachLine := True;
 ドラッグポイントツール
極(およびレーダー、風向図)系列のポイントのマウスドラッグを実装。
ドラッグポイントツールを追加し、Seriesプロパティを極系列か派生系列に設定するだけ で利用できます。
マウスドラッグした後にマウスボタンを離すと呼び出される、新しいOnEndDragイベント。
 チャートエディタ
チャートエディタダイアログのデータタブ(TChartGridコントロール)で、手動による変更を無効にする新しいオプション。
ChartEditor1.Options := ChartEditor1.Options - [ceEditData]
削除:チャートエディタのヘルプボタン。
VCL:現在、チャートエディタを表示するデフォルトモニターはデスクトップモニターに設定されています。
 カスタム3Dグリッド系列
パレット配列を使用して指定した「Y」値の適切な色を計算するGetSurfacePaletteColorメソッドで、ループをバイナリ検索アルゴリズムに置き換えることで、すべての3Dグリッド系列(カラーグリッド、サーフェス、など)の速度を改良。
大きな系列(例:10001000セルのカラーグリッド)で約30%速くなります。
 3D散布系列
3D散布系列の上位クラスがTCustom3DSeriesからTCustom3DPaletteSeriesに変更されました。
これは、3D散布系列にパレットの全プロパティを自動で追加し、各3D散布のポイントをY値ベースで色付けできます(これはサーフェス、カラーグリッドなどの他の系列が継承しているのと同じクラスです)。
 リボン系列、極系列
新しいPointerBehindプロパティ(boolean、デフォルト値:False)。
これは、Pointerプロパティを持つ、リボンや極から派生したすべての系列に適用します。PointerBehindプロパティTrueの場合、ポインタは線の後ろに表示されます(2Dの場合のみ)。

また、(1つのポイント、1つの線の“dsSegments”ではなく、最初にすべてのポイントを描画してからすべてのポイントを使用して線を描くには)線の描画スタイルを“dsAll”に設定してください。
Series1.DrawStyle := dsAll;
Series1.PointerBehind := True;
 極系列(レーダーなど)
新しいAngleLabelsプロパティは、CircleLabelsXXX(現在廃止予定)のすべてのプロパティを1つの共通の場所にまとめます。

旧:
Series1.CircleLabelsFont.Size := 20 ;
新:Series1.AngleLabels.Font.Size := 20;
新しいDrawStyleプロパティ(デフォルト値:“dsSegments”)。
DrawStyleプロパティ
dsAllにすると、複数の線分ではなく1つの多角線を使用して、極のすべてのポイントをつなぐ線を描画します。
つまり、現在、各ポイントから極中心までの距離に応じて線に色を付けるために、Pen.Fillの特性を(放射状方向の)グラデーションのように設定できる、ということです。
 系列データ
TCustomSeriesList型の)新しいSeriesListプロパティは、チャートの全系列をエクスポートするのではなく、1/複数の系列を選択してデータをエクスポートできます。
uses TeeStore;
procedure TForm1.FormCreate(Sender: TObject);
var data : TSeriesDataText;
begin
data:=TSeriesDataText.Create(Chart1);
data.IncludeHeader:=True;
data.SeriesList.Clear;
//
エクスポートしたい系列だけ追加:
data.SeriesList.Add(Series3);
data.SeriesList.Add(Series5);
data.SeriesList.Add(Series6);
Memo1.Text:=data.AsString;
data.Free;
end;
 チャートの凡例
新しいDrawBehindプロパティ(boolean、デフォルト値:False
DrawBehindプロパティ
は、凡例をチャートの後方(背面)/上に描画するかを定義します。

これは、ResizeChartプロパティFalseの場合に凡例をチャートの上に「浮かせる」のに役立ちます。
Chart1.Legend.DrawBehind := false;
 TCustomTeeFunction
OnCalculateイベントで使用できる、新しいValueIndexプロパティ。
ValueIndex
はループ反復子の位置で、OnCalculatイベントで使用する場合のみ意味があります。

このイベント外でのValueIndexのデフォルト値は、“-1”(インデックスなし)です。

ValueIndex
の値は、“0”からTeeFunction1 “NumPoints-1”までです。

procedure TForm1.TeeFunction1Calculate(Sender: TCustomTeeFunction; const x: Double; var y: Double);
begin
  y:=x+TeeFunction1.ValueIndex;
end;
 軸タイトル
新しいPositionプロパティ(開始中央終了)。デフォルト値:中央
デフォルトでは、軸タイトルは軸の中央に配置されます。
    Chart1.Axes.Bottom.Title.Position := tpStart;
 リボンのアニメーション
リボン系列を徐々に表示する、新しいTeeAnimationクラス。
以下のアニメーションのGIFイメージは、リボン系列を徐々にアニメーションで表示します。

LineAnimationは実行時((Chart1.Animations.Add(TLineAnimation.Create)))、またはチャートエディタのアニメーションタブを使用してデザイン時に作成できます。

 TTeeAnimate
新しいプロテクトプロパティ:PlayByFramesboolean、デフォルト値:False)。
True
の場合、時間の間隔を考慮せずにアニメーションを行います(アニメーションの全フレームをできるだけ速く再生します)。

これは、以下のGIFエクスポート形式で説明されている(チャートアニメーションまたはTeeAnimateを使用してアニメーションのGIFイメージを作成する)新機能に役立ちます。
Playメソッドの新しい任意パラメータ:SynchronizeMainboolean、デフォルト値:True)。
Animate.Play
Falseを渡して呼び出すと、メインのUIスレッドとのスレッド同期がなくなります。これは、ユーザーインターフェイスに「時間」を委ねずに「ロックして」再生した方がよいアニメーションの再生に役立つ場合があります。つまり、アニメーションがチャートの表示を更新しないで「非表示」のアニメーションになるということです。GIFのアニメーション機能は、このモードを使って各フレームでチャートを再描画せずにアニメーションイメージを作成します。
 GIFアニメーションファイルへのエクスポート(VCLのみ)
オプションの新しいAnimationプロパティとAnimateプロパティ。どちらか指定された場合、アニメーションの再生中に生成されたフレームからGIFのアニメーションファイルを作成します。

Animation
(またはAnimate)のSpeedプロパティ(1秒当たりのフレーム数)、DurationプロパティとLoopプロパティは、GIFの作成方法を定義します。一般的なアニメーションGIFは、大量の*.gifファイルを生成しないように、15fps以下を使用します。TeeGIFを使用します。
  with TGIFExportFormat.Create do
  try
    Panel:=Chart1;
    Animate:=TeeAnimate1;   // or Animation := Chart1.Animations[123]
    SaveToFile('animated_chart.gif');
  finally
    Free;
  end;
新しいOptimizeColorsプロパティ(boolean、デフォルト値:False)。Trueの場合、GIFの色は「最適化」されます(詳細はTGIFImageを参照)。
 OpenGLキャンバス(TGLCanvas)
2Dのクリッピング矩形のサポートを実装(Chart1.ClipPoints:=True)
注意:クリッピングは、Chart1.View3DOptions.Zoom:=100(ズームなし)の場合のみ正しく動作します。
ペンの透明度をサポート(Pen.ColorAlphaコンポーネントが<>0の場合)。
OpenGLのマルチサンプル(アンチエイリアス)のピクセル形式の検出と要求を修正。
折れ線系列のDrawStyle = Allの場合に使用される、Polylineメソッドの速度を改良。
折れ線系列の全データポイントは、OpenGLの単一操作でGPUに送られます。
モニター更新の垂直同期を有効/無効にする、新しいScreenSyncプロパティ
(
大体、1秒当たりのフレーム数は60hz)以上必要な場合、ScreenSyncを無効にすると、1秒あたりに再描画されるフレーム数が多くなる場合があります。
uses TeeGLCanvas;
TeeOpenGL1.Canvas.ScreenSync := ssNo;

もしくは、TeeOpenGLコンポーネントを使用していない場合の同じ方法:

    (Chart1.Canvas as TGLCanvas).ScreenSync := ssNo;

変換アニメーションのサポートを実装。
新しいPolygonConcaveメソッド。凸状ではないシンプルな多角形は、まず三角形(モザイク式)に変換されてから三角形が描画されます。
注意:モザイク式はコストのかかる処理なので、三角形をあらかじめ計算しておき、多角形座標に変更がない場合はそれらを再利用した方が良いです。
TGLCanvasの新しいTessellateメソッド。XY配列として渡された多角形ポイントを処理するために、三角形と一緒にPointFloats配列を返します。
現在、マップ系列と世界地図系列でのみ使用されています。
GLUT
dllTessellatorオブジェクトを使用して計算を行います。
返された配列は、TCanvas3Dの新しいTrianglesメソッドを使用して表示できます。
var Triangles : Array of TPointFloat;
X,Y : Array of Double;
... X
Yの配列を多角形のポイント座標で設定
//
三角形の計算:
Triangles:=TCanvas3DAccess(Chart1.Canvas).Tessellate(X,Y);
    …
//
三角形の描画:
    Chart1.Canvas.Triangles(Triangles,false,nil);
 TTeeCanvas
クラスの新しいIsConvexPolygon関数。
渡されたP(ポイント配列)パラメータが、「凸状」のシンプルな多角形の形をしている場合はTrueを返します。
重要な変更:
現在、TPointFloatTPoint3DFloatのレコードフィールドの型は、Double型ではなくSingle型です。
この変更は、(FireMonkeyVCLOpenGLiOS/Android、速度、など)色々な理由で必要でした。
VCLのみ:(MoveToLineTo、などの)複数のメソッドは、IntegerではなくSingle型のパラメータの新しいオーバーロードを持っています。
FireMonkey
のすべてのポイント座標は既にSingle型なので、これはFireMonkeyでは不要です。
 TGDIPlusCanvas
クラスの新しいResizeBitmap手続き。
送信元と送信先のビットマップを渡すと、送信先のサイズを使用して送信先のビットマップ上に送信元のビットマップを引き延ばすために、「高品質」モードでGDI+を使用します。
 TTeeExportFormat
新しいScaleプロパティ(Single、デフォルト値:1)。
このプロパティが1より大きい/小さい場合、エクスポートイメージの作成に使用されるチャートサイズは内部でスケーリングされます(このプロパティが1より小さい場合は縮小、大きい場合は拡大されます)。プロパティ値が0の場合は1と見なされます。

このプロパティは、GIFPNGJPEGPCXラスタ形式で使用されます。HTML5JavaScriptPDFSVG、などのベクタ形式には適用しないので使用されません。
 マルチCPUの並行スレッド
注意:これは試験的な機能です。

新しいTChartプロパティは、速度を向上させるために(利用可能な場合は)マルチCPUを使用し、Threadオブジェクトの内部使用を有効にします。

一例としては、多数のポイントを持つ折れ線系列をいくつも使用し、複数のスレッド(系列ごとに1つ)を使って最大速度で更新すると、画面ピクセル位置の計算にかかる時間を減らせることがあります。

詳細は、以下をご覧ください。
http://steema.com/entry/192/TeeChart_FastLine_Speed

type
  TChartAccess=class(TCustomAxisPanel);

//
試験的:
//
利用可能なすべてのCPUプロセッサを使用した系列データの並行計算
procedure TForm1.CBParallelClick(Sender: TObject);
begin
  if CBParallel.Checked then
     TChartAccess(Chart1).ParallelThreads:=TTeeCPU.NumberOfProcessors
  else
     TChartAccess(Chart1).ParallelThreads:=1;
end;

 イメージのエクスポート形式
すべてのイメージのエクスポート形式に共通する新しいプロパティ:
Scale
Single型、デフォルト値:1

エクスポートするチャートサイズよりも大きいイメージ(Scale > 1/小さいイメージ(Scale < 1)を作成するには、このプロパティを設定してください。
 JSONエクスポート形式
Datetime型の系列値のエクスポート方法を選択する、新しいDateTimeFormatプロパティ。
デフォルトの形式は、“jdTimestamp”Delphi RTL TDateTimeを使用)です。
もう一つの形式オプションは、“jdJavaScript”Unix Timestamp since 1-1-1970)です。
 HTML5 JavaScript エクスポート
DateTime系列値のサポートを改良。
系列(XまたはY値リストのどちらか)にdatetime値が含まれている場合、
JavaScript
のエクスポート形式はそれらを(Jan-1st 1970で始まる)JscriptDateオブジェクトに変換し、チャートのラベル、凡例、などで日付形式がサポートされるように自動でdate.format.jsスクリプトを含めます。
 その他の変更
現在、「仮想抽象」メソッドを持つ一部のクラスは、間違ってインスタンスを作成しないように、「抽象クラス」として示されています(Delphi 2009およびそれ以上)。
TAntiAliasCanvas / TAntiAliasTool
現在、デフォルトのキャンバスはGDI+なので、GDI+の方が曲線や斜線のアンチエイリアス処理がうまいです。TAntiAliasCanvasは当初の意義を失っており、代わりにGDI+キャンバスを使用するよう内部的に変更されています。
これは、定義および「すべてビルド」するグローバルプロジェクト:TEEANTIALIASを使用してオーバーライドできます。

GDI+
がアンチエイリアスを行う方法とTAntiAliasの旧式コードとの違いが少なくとも1つはあります。GDI+の水平線は2ピクセルです(恐らく、0.5ピクセル座標のせいです)。
LoadChartFromFileTeeStore.pasユニット)のChartパラメータはもう参照渡しをしないので、現在はもっと使いやすくなって、次のように呼び出すだけです。LoadChartFromFile( Chart1, ‘mychart.tee’)
テーマの大半は(TeeThemes.resリソースファイル内で)外部の*.teeファイルに変換されています。これは、あるテーマから別のテーマに切り替える時に確実に正しいプロパティ設定を行います。
Chart1.Zoom.KeepAspectRatio:=Trueでのズームが改良されました。
TCustomErrorSeries:負のバーの描画を改良。
FireMonkeyの軸エディタ:Title.Positionプロパティを変更するための新しい制御。
複数の新しい系列エディタをFireMonkeyに実装。
ポインタサイズの縦横比を維持して、ポインタ系列(リボン、散布図、など)の凡例シンボルの表示を修正。
MarksOnBar := True(バーの内側にマーカを配置する)の場合の、縦棒/横棒系列の回転させたマーカの表示を改良。
FireMonkey FMXTee.CanvasTRGBA型のフィールド順の反転。
サーフェス/三角サーフェス系列で描画操作の「キャッシュ」に使用する新しいパラメータを含めるために、(内部の)TCanvas3DSurface3DメソッドやTriSurfaceメソッドの署名を変更。
TSeriesTextSource:新しい“TrimSpaces”プロパティ(boolean、デフォルト値:True)。
True
の場合、テキストソースのフィールド間の連結領域が削除されます。
スミス系列:極系列で大量のコードを再利用するための大量のリファクタリング。
テーマ:ほとんどのテーマをリファクタリングし、コードを*.teeリソースファイルに変換しました。
TMakerユニット:リファクタリングし、モザイク細工コードをTGLCanvasに移動。
TeeProcs (FMXTee.Procs)ユニットの新しいTTeeCPUクラス。
このクラスは、NumberOfProcessorsSpeedNameHasSSE命令などのような、マシンのCPU情報の提供を目的としています。
すべてのプラットフォーム、特にiOSAndroidで、すべてのプロパティが利用できるわけではありません。

このクラスには、マルチスレッドやプロセッサを使用して“for”ループを呼び出す、ParallelForメソッドも含まれています。
Build 2013.09.131119
 VCLのみ:

内部のキャンバスクラス(GDIGDI+)は大幅に変更されています。デザイン時に追加された新規チャートのデフォルトのグラフィックキャンバスは現在GDITTeeCanvas3Dクラス)ではなく、GDI+TGDIPlusCanvasクラス)です。

デザイン時と実行時に、TChartエディタダイアログ(3D -> 生成タブ)から、もしくは手動的にコードでキャンバスを別のキャンバスに切り替えられます。

uses TeeGDIPlus;  Chart1.Canvas := TGDIPlusCanvas.Create

uses TeCanvas; Chart1.Canvas := TTeeCanvas3D.Create

他の方法は、TeeGDIPlusコンポーネントを使用することです。

TeeGDIPlus1.TeePanel := Chart1;

TeeGDIPlus1.Active := True;

TeeGDIPlusコンポーネントを使用すると、アンチエイリアシングやデフォルトのテキスト品質などの設定を維持できます。

GDI+
は、GDIでは行えない(もしくは、よりうまく行える)機能を複数提供します。
色のアルファ(透過度)

現在、色(ペン、フォント、グラデーション、ブラシなど)はRGBコンポーネントとアルファコンポーネントを持つ、適切な32ビットカラーとして処理されます。
唯一の制限は、疑似カラー(clBtnFaceclWindowなど)を使用できないことです。


色のアルファの透過度の設定は、チャートエディタダイアログを使用してデザイン時に行えます。

IDE
のオブジェクトインスペクタを使用しても行えますが、VCLではTColorは符号付き整数であるという制限があるので、MaxInt (2^31-1)より大きい値を手動で入力することはできません(オブジェクトインスペクタが例外を発生します)。

コードによる色設定:

Chart1.Legend.Pen.Color := RGBA( 64,64,64, 128) ;   // 128 = 半透明

線のアンチエイリアス

GDI+
には線のアンチエイリアス(チャートの見た目がよくなり、斜線、曲線、多角形領域のギザギザがない)があります。
アンチエイリアスの使用時に速度のペナルティはありますが、大量ポイントの描画および/またはアニメーションを行っていなければ問題はありません。

TeeGDIPlus
コンポーネントを使用していなければ、アンチエイリアス処理は実行時に次のようなコードで変更できます。
TGDIPlusCanvas(Chart1.Canvas).AntiAlias := False
ペンの塗りつぶし

TTeePen
基本クラスには、GDI+キャンバスの使用時にのみ機能する(TTeeBrush型の)新しいFillプロパティがあります。現在、幅の広い(幅2またはそれ以上の)枠や線をテクスチャやグラデーションで塗りつぶせます。
Series1.Pen.Fill.Gradient.Visible := True
マルチカラーグラデーション

GDI+
キャンバスは3色以上使用してグラデーションを付けることができます。
TTeeGradient
基本クラスには、新しいColorsコレクションプロパティがあります。コレクションの各色項目には、OffsetプロパティとTransparencyプロパティがあります。
Chart1.Gradient.Colors.Add( 0.3, clGreen, 50)    // 0.330%50%は透明度
滑らかなテクスチャリング

GDI+
は、多角形、矩形、角丸矩形をGDIより速くきれいに塗りつぶすために、ブラシイメージを使用します。
変換

(チャートのタイトル、凡例、系列などのような)要素の回転、変換、スケーリングは、GDI+の変換メソッドを使用して行えます。
より良いクリッピング
多角形をグラデーション/テクスチャで塗りつぶす場合、あるいは角丸矩形を描画する場合、クリッピングはGDIでは手動ですべきですが(100%完璧ではありませんが)、GDI+では自動で行えて良くなっています。


GDI
キャンバスでは、「滑らかな」影は「ぼかし」フィルタを適用した中間ビットマップを使用して描画されます。これは出力はかなり良いのですが、処理が非常に遅くなります。
GDI+
では、滑らかな影を描画する別の方法があり、品質は少し損なわれますが、はるかに高速です。影はグラデーションや透明度を使用して行われます。

GDI+
のスピードペナルティ
GDI+
よりもGDIの方がはるかに高速描画するものが1つあります。それは、実線ではないペンの線です。
このために、大きな決断をしました。現在、軸グリッド線は点線ではなく実線です。

Chart1.Axes.Left.Grid.Style := psSolid;

グリッド線は、軸エディタダイアログ/オブジェクトインスペクタを使用して、簡単に実線以外に変更できます。
すべての新しい変更で、透明度、グラデーションの塗りつぶし、または影などの効果がすぐ出るので、多くの場合、GDIよりもGDI+キャンバスの方が高速です。
例えば、折れ線系列/サーフェス系列に大量のポイントを描画する時にアンチエイリアシングや手の込んだ効果が必要ない場合、GDIの方がまだGDI+よりも高速ですが、現在、両者の違いはなくなってきているので、いつでもGDIに戻すことができます。
 FireMonkeyのみ:
As FireMonkeyは既にGDI+/Windows(やQuartz/OpenGL、そしてMac OSXiOS用の新しいGPUキャンバス)ではDirect2Dを使用しているので、上記のVCLでのGDI+の長所リストはFireMonkeyでも有効です。

JavaScript
エクスポート形式の新しいエディタダイアログ
 VCLFiremonkey
 グラデーション
TTeeGradientColorsコレクションプロパティ

現在、FireMonkeyGDI+キャンバスを使用したVCLVCLGDIでは最大3色に制限されていました)でも、グラデーションに複数の色を使って設定できます。

各色項目には、Colorプロパティ、Offsetプロパティ、Transparencyプロパティがあります。
Colors
プロパティは、チャートをJavascript HTML5や他の形式にエクスポートする時にも使用されます。

 TTeePen
グラデーション/テクスチャイメージを使用して線の内側を描画する、VCLGDI+FMX用の(TTeeBrush型の)新しいFillプロパティ。

 TTeeCanvas

指定した色の「アルファ」透過度(0255)を取得/設定する、クラスの新しいメソッド:

ColorAlpha(const AColor: TColor): Byte;  //色から「アルファ値」のバイトを返します。

ColorFrom(const AColor: TColor; Alpha:Byte): TColor;   //
色に「アルファ値」を設定します。 
Dで角丸矩形を描画する新しいメソッド(GDI+のみ)
RoundRectWithZ(const R:TRect; Horiz,Vert,Z : Integer)
現在のペンやブラシ/グラデーションのプロパティを使用して塗りつぶす/「パス」を描く、新しいITeePathインターフェイスとTeeCanvasCreatePathメソッド。
GDI+用の自動のフォント品質。フォントオブジェクトの「Quality」プロパティがデフォルト(gpfDefault)の場合、CanvasFontQualityが使用されます。
GDI+
キャンバスでは、現在、デフォルトのフォント品質は自動です。フォントサイズに応じて、(サイズ20までの小さなフォントには)「ClearType」、大きいフォントには「Best」が選択されます。これは、最高の品質コンビネーションを提供し、テキストが「ぼやけない」ようにします。キャンバスごと、そして特定のフォントオブジェクトにも、常時強制的に(すべてのフォントにグローバルな)特定の品質(つまり、Chart1.Legend.Font.Quality)にすることができます。
 アニメーション
TTeeAnimateクラスとTAnimationクラスは、個別のスレッドを使用して、より良い精度で滑らかなアニメーションを提供するよう全面的に書き直されました。
現在、アニメーションは、フレーム数の代わりにDurationプロパティを使用してミリ秒で設定されます。
TTeeAnimate.Speed
プロパティは、1秒当たりの最大希望フレーム数を定義します(デフォルトは60)。
描画できないフレームは飛ばされます。
TAnimationの新しいTimingプロパティ。
アニメーションの各フレームの計算に使用する補間関数を定義します。
値は、LinearSineSquareCubic(BackBounceElastic)です。
タイミングの加速度をカスタマイズする、新しいTimingStyleプロパティ:atInatOutatInOut
新しいStartTimeプロパティ(ミリ秒単位)。
DurationFrames関数は、Animate.Speedプロパティ(1秒当たりの最大希望フレーム数)に応じて、予期されるフレーム数を返します。
boolean型のTwoWayプロパティ(同じ時間でアニメーションと逆アニメーションを行います)。
boolean型のInvertedプロパティ。逆アニメーションを行います。

前バージョンの既存のアニメーション(ExpandSeriesAnimation)は、もうTTimerのコンポーネントを使わず、代わりに内部で同じTTeeAnimateのシステムを使用します。

通常の「アニメーション」ツールは、複数の項目(さまざまなプロパティを持つ個々のアニメーション)とスケジュールからなるカスタムなアニメーションを作成できます。

複数のアニメーションツールを追加し、それぞれ特定のデュレーションや設定をして同時に再生できます。

通常のアニメーションには、(整数、日付時間または浮動小数点数のプロパティをアニメーションする)NumberAnimationと(色のプロパティに対して色変換を行う)ColorsAnimationが含まれています。

すべてのアニメーションクラスのための、新しいアニメーションギャラリとエディタダイアログ。
デモが付いた新しいアニメーションギャラリとすべてのアニメーションクラス用のエディタダイアログ。

アニメーションのクラスには、CustomTransformSeriesExpandRandom Pointsが含まれてます。
 TSeriesAnimation
Seriesプロパティをnilに設定する(すべての系列をアニメーションすることを示します)ことで、チャートに表示されているすべての系列をアニメーションする新しいサポート。
 テーマ
チャートのグローバルな見た目の変更が、大々的に改良されました。
チャートに適用するテーマのギャラリを付けて、テーマエディタダイアログを改良。


 
新しい「Flat」テーマ("Roboto Th"フォント(Android 4.xのデフォルトフォント)を使用した最小テーマ)。
既存のチャート形式を他のチャートのテーマとして適用する、TThemesListクラスの新規メソッド。つまり、他のチャートのテーマとして任意のチャートを使用できます。

ペン、ブラシ、グラデーション、フォントなどを含む、形式だけが適用されます。
また、ネイティブな*.teeファイルとして保存されたチャートを後で「テーマ」として再利用でき、それがテーマギャラリに表示されます。
 チャートギャラリ
1つの系列スタイルにさまざまな組み合わせを想定するために、サブギャラリを改良して系列ギャラリダイアログを設計し直しました。

円系列のサブギャラリ:

各関数型のデモサンプルが付いた、新しいTeeFunctionギャラリ。

ギャラリを使用して系列スタイルを変更すると、適用できないスタイルは無効として表示されます。現在、これはグレースケールフィルタを使用して内部で行われます(見た目も良く、コードを簡素化します)。
改良された系列表示。例えば、現在、(TWorldSeriesクラスの)マップ系列はギャラリにマップを表示します。


 

系列、関数、ツールなどを既に使用している、定義済みのチャートが付いた、ギャラリの新しい「テンプレート」タブ。

新規チャートを1クリックすると、すぐ使えるチャートを自動で追加します。

 エクスポート
チャートの系列データをJSON形式にエクスポートする新しいオプション。
実行時にも利用できます。
uses TeeStore;

j:= TSeriesDataJSON.Create(Chart1);  s:= j.AsString;

エクスポートされたJSON形式は、TeeChart for JavaScriptとの互換性もあります。

OpenDocumentエクスポート形式

新しいTeeODSユニットには、チャートをOpenDocument (*.odt)のスプレッドシート形式にエクスポートするためのクラスが含まれています。
現在、XAMLエクスポート形式には、オプションの「Transform」の要素が含まれています。
 すべての系列スタイル
Transparencyプロパティ

Transparency
プロパティ(0100%)は、Series基本クラス(TChartSeries)に移動され、すべての系列スタイルに実装されています。
系列マーカの新しいAutoPositionプロパティ(boolean型、デフォルト値:True)。
TTeeTransform型の)新しいTransformプロテクトプロパティ。

新しいSeries.Marks.SoftClipプロパティ(boolean型、デフォルト値:False)。
Trueの場合、関連するポイントがチャートの軸領域(ChartRect)外のマーカは表示されません。

 矢印系列
Fill2Dプロパティ(boolean型、デフォルト値:False

このプロパティがTrueの場合、塗りつぶされた矢印を3Dではなく2Dで描画します。
以前は、2Dの矢印は常に細い(塗りつぶしなしの)線で表示されていました。
 縦棒/横棒系列
現在、すべてのバースタイルがブラシのGradientプロパティかPictureプロパティを使用して内部を塗りつぶします。
2D
および3D直交のバーの円柱スタイルに実装されたTickLinesプロパティ。
 泡系列
左と右マージンの自動計算

現在、泡系列は、最初(左)と最後(右)の泡のポイントサイズに合うように、泡の半径に応じて水平軸の最小値と最大値のサイズ変更を行います。
これは、Pointer.InflateMarginsプロパティ(デフォルト値:True)で制御されます。
注意:これは、泡の水平軸のスケーリングが自動の場合のみ適用されます。
 キャンドル(OHLC)系列
キャンドルの自動幅

AutoSize
プロパティ(boolean型、デフォルト値:True)は、利用可能な水平領域と表示するキャンドルの数に応じて、キャンドルの適切な(一番合う)幅を計算します。
(週末、祝日など)隙間の削除

水平X値を日付時間として渡すキャンドルデータを追加した場合、水平軸のデータのない期間(例:週末)に隙間(割れ目)が表示されます。

できれば、この最善の解決策は、「X」座標を一連の整数値として渡し、キャンドルを隣り合わせにすることでした。
現在、「X」値を渡さずにデータを追加する、新しいCandleメソッドがあります。

Candle1.Add( Date, Open, High, Low, Close)

このメソッドは、内部で日付を文字列に変換し、一連の「X」値を渡します。

隙間を取り除く他の方法は、この新しいプロパティをTrueに設定することです。

Candle1.RemoveGaps := True

HighLowColorプロパティ(デフォルト値:"cbUseColor")。
"cbSameAsCandle"
の場合、High-Lowの線は、キャンドルと同じ色と、HighLowPenプロパティの特性を使用して描画されます。
Penの特性と、キャンドルと同じ色を使用してキャンドルの枠を描画する、BorderColorプロパティ(上記に似ています)。
Clickedメソッドのバグ修正。
 時計系列
TClockHand型の)新しいHoursプロパティ、Minutesプロパティ、Secondsプロパティ。
TClockHand
クラスは時計の針の描画方法を(枠や背景の属性、表示、半径//高さ/矢尻のパーセントを含む)複数のプロパティで定義します。
時計の中心にシェープ(デフォルトは円)を表示する、(TSeriesPointer型の)新しいCenterプロパティ。
新しいCustomTimeプロパティとTimeプロパティ。
CustomTime
Trueの場合、時計は秒ごとには更新されず、Timeプロパティを使用して静的になります。
 ダーバス系列
BoxTransparencyプロパティ(デフォルト値:70%)

このプロパティは、ダーバスボックスを透明で描画します(キャンドルのTransparencyプロパティの影響は受けません)。
 2つの横棒系列
  各バーに2つの値(左に1つ、右に1つ)を表示する、横棒系列に似た新しい系列。

 折れ線系列
新しいDrawStyleプロパティ(デフォルト値:flSegments)。
"flAll"
に設定すると、1つの多角線の呼び出しが1ポイントづつではなくすべての系列ポイントを描画します。
注意:Null値は"flAll"モードでは考慮されません。
GDI+
FastPenは、アンチエイリアスを無効にします。
GDI+
キャンバスの使用時にFastPenTrueにすると、折れ線系列だけを描画するためにアンチエイリアスを無効にします。
これは、他のすべてのチャート要素や系列の品質を犠牲にすることなく、大量のポイントの場合はるかに速くなります。
 ガント系列
ガントバーの接続線に矢印を描画する、新しいCalloutプロパティ。
 ゲージ系列
描画計算の改良と、オプションでゲージの背景を塗りつぶす新しいShapeStyleプロパティ。
 横棒系列
凡例に各バーの値を表示する場合、現在、同じ垂直順に表示するために凡例の順番を逆にします。
 リボン、面、散布図系列(とTCustomSeriesから派生された系列)
新しいPointer.Itemsプロパティ。

現在、系列ポインタを個別にカスタマイズできます。
例:
Series1.Pointer.Items[12].Color := clRed
Series1.Pointer[34].Visible := False

ポインタの項目が変更された場合、グローバルなSeries1.Pointerプロパティへの変更は使用されません。

ポインタの項目をデフォルト値に戻するには、nilに設定してください。

Series1.Pointer[12] := nil

すべてのカスタムなポインタ項目を削除するには、Clearを呼び出してください。

Series1.Pointer.Clear
TSeriesPointerの新しいFullGradientプロパティ(boolean型、デフォルト値:False)。
TSeriesPointer.Styleプロパティの新しいpsDonutスタイル。
 リボンと面系列
新しいDrawStyleプロパティ(デフォルト値:dsSegments
2D
3D直交表示モードのみ。DrawStyle"dsAll"の場合、リボン/面は各セグメントを個別に描画するのではなく、キャンバスのPolyLine / Polygonの呼び出しを使用して表示されます。
DrawStyle
"dsCurve"GDIキャンバスにのみ、スムージングスプラインアルゴリズムを使用して線が表示されます。
DrawStyle
"dsSegments"ではない場合、例えば、Pen.Gradientを設定して各セグメントにグラデーションカラーを使用するのではなくすべての線にグラデーションカラーを使用したり、Pen.JoinStyleプロパティを使用してポイント間に接続線を描画することもできます。

 円系列とドーナツ系列
マーカを回転させて表示する、新しいSeries1.PieMarks.Rotatedプロパティ(boolean型)。(PieMarks.InsideSlice:=Trueでも動作します)

複数の円系列を2D/3Dの同心円のドーナツとして表示する、MultiPieプロパティの新しい値(Series1.MultiPie := mpConcentric

新しいPieMarks.EmptySliceプロパティ(boolean型、デフォルト値:False)。
True
の場合、(値が0の)空のパイスライスの系列マーカが表示されます。
 極、極グリッド、レーダー、時計、風向図、ローズ系列
新しいAngleLabelsプロパティ。CircleLabelsXXのすべてのプロパティを統合して置き換えます。
新しいAntiOverlapプロパティは円ラベル間の最善のインクリメントを自動で計算します。
Visibleの場合、現在、横軸の目盛と副目盛は表示されます。
 ピラミッド系列
(ピクセルの丸め誤差を避けるために浮動小数点の座標を使用して)表示を複数改良。
ピラミッドで凡例の値を縦に並べるために反転します。
現在、複数のピラミッド系列は同じ「Z」位置に表示されます。
 ボリューム系列
透明度のサポートを改良。
ボリュームのペンが大きい(幅が広い)場合の左と右のマージンの計算を改良。
 サーフェス、カラーグリッド、三角サーフェスなど:
現在、(UseColorRangeTrueの場合)パレットの色は、セルの値と一致する各セルの色を計算する時に補間されるアルファ値(透過度)をサポートします。

Series1.StartColor := TTeeCanvas.ColorFrom( clRed, 128);   // 0255までのアルファ値

 サークル系列
グラデーションやテクスチャを使用して背景を描画する、新しいCircleBrushプロパティ。
(これは、極、レーダー、ローズ、時計など、Circledから派生された系列に適用します。)
 世界地図系列
新しいEurAsiaの地図(ヨーロッパとアジアを組み合わせます)。
 チャートのコントロール
壁の新しいRoundSizeプロパティ。

現在、壁(特に背面の壁)を角丸矩形で表示できます。
Filtersプロパティ。
(内部キャンバスのバッファービットマップを使用して)TChart自体にイメージフィルタを適用できます。
 マウスホイール
マウスホイールをドラッグした時に生じることを制御するために、チャートエディタダイアログ(一般→マウスタブ)により多くのオプションを付けて強化しました。
マウスホイールをドラッグして(3D/直交モードの)チャート全体をズームできる、(TMouseWheelStyle型の)新しいZoomWheelプロパティ。
マウスホイールをドラッグして系列データをズームできる、(TMouseWheelStyle型の)新しいZoom.MouseWheelプロパティ。
 TeeFunctions
新しいTParetoTeeFunction
この関数は、ソース系列値の累積率(0100%まで)を計算します。
「チャートギャラリ→テンプレート」ダイアログの新しいParetoテンプレートはこの関数を使用します。
新しいTCentroidTeeFunction
この関数は、ソース系列のXYポイントの位置の「重心」のXYポイントを計算します。
重心の位置は、配列のすべてのポイントの平均の位置になります。
 チャートのツール
新しいTRepaintMonitorツールは、チャートをアニメーション/何度も再描画する時の現在の「1秒当たりのフレーム」の速度を描画するアノテーションです。
 カラーバンドツール
新しいAllowDragプロパティ。バンドをマウスでドラッグできます。
新しいOnDraggingイベント。カラーバンドをマウスでドラッグしている時に呼び出されます。
新しいOnResizingイベント。カラーバンドの開始/終了線をマウスでドラッグしている時に呼び出されます。
カラーバンドを軸の最小限度<-->最大限度外にドラッグできる、新しいNoLimitDragプロパティ(boolean型、デフォルト値:True)。
 カラーラインツール
カラーラインツールの線(とカラーバンドツールの開始線と終了線)に置かれたテキストを表示する、新しいAnnotationプロパティ。
新しいAnnotationValueプロパティ(boolean型)。
True
の場合、アノテーションのプロパティを使用して、軸の書式を使用して現在の線の値を表示します。
 カーソルツール
軸の近くに現在のカーソル位置を表示する、新しいAxisAnnotationプロパティ。
新しいFullRepainプロパティ(デフォルト値:False)。
True
の場合、カーソルをドラッグ中にチャート全体が再描画されます。
 矢印ツール
新しいRotateGradientプロパティ。
矢印をグラデーション表示する場合、グラデーションはArrow.Angleプロパティに従って回転されます。
 スクロールページャツール
スクローラを下/右("saAfter")、または上/左("saBefore")、またはスクロールページャのサブチャートをカスタムな位置("saCustom")に並べる、新しいAlignプロパティ。
スクロールをメインチャートの軸の最小値と最大値に制限する、新しいNoLimitDragプロパティ(boolean型、デフォルト値:False)。
横面/横棒のような「横XXX」系列で使用する場合の、新しい縦方向の自動配置。
スクローラチャートに表示する系列をカスタマイズする、新しいAddSeriesメソッドとRemoveSeriesメソッド。現在、複数の系列を(好きなだけ)表示できます。
現在、メインチャートでのデータ変更がスクロールページャチャートの系列に反映されます。
 凡例パレットツール
凡例パレットの近くにインジケータを描画する、新しいPointerプロパティ。デフォルトでは表示されておらず、"Value:Double"プロパティ(パレットの範囲内の希望位置に設定可能)があります。

例:Surface series1と、サーフェス近傍ツールのOnSelectCellイベントを使用した場合:

procedure TMainForm.ChartTool3SelectCell(Sender: TObject);
begin
  LegendPalette1.Pointer.Visible:=NearestTool1.SelectedCell<>-1;

  if LegendPalette1.Pointer.Visible then
  begin
    LegendPalette1.Pointer.Value:=Series1.YValues[NearestTool1.SelectedCell];
    LegendPalette1.Pointer.Color:=Series1.ValueColor[NearestTool1.SelectedCell];
  end;
end;

系列上でマウスを動かすと、このイベントが発生し、凡例パレットは選択したセルの値と色を使用してポインタのインジケータを描画します。

 系列領域ツール
オプションで原点に線を描く、新しいOriginPenプロパティ(TTeeHiddenPen)。
 チャートの軸
TChartAxesコレクション型の)新しいTChartAxis.SubAxesプロパティは、入れ子の鎖軸を親軸に同期させ、揃えて表示できます。
SubAxes
は特定のインクリメント(ラベルの間隔)と表示特性(ラベルの書式、テキスト、目盛、など)でカスタマイズできます。
SubAxes
は、デザイン時にIDEのオブジェクトインスペクタを使用(軸のSubAxesプロパティでコレクションエディタを使用)するか、TeeChartエディタダイアログを使用して追加/カスタマイズできます。
実行時の例:
var MyAxis : TChartAxis;

MyAxis:=Chart1.Axes.Bottom.SubAxes.Add;


 

軸の新しいTextsサブプロパティ。このプロパティは、"Labelsxxx"のすべてのプロパティを共通する1つのオブジェクトにまとめます。
軸の新しいTexts.Positionプロパティ。軸ラベルを軸のどの位置に表示するかを定義します。
例えば、上記の副軸チャートでは、年ラベル(20132014など)はTexts.Position := lpAfterTickに設定されています。
デフォルトの位置は、"lpAtTick"(ラベルの目盛位置のちょうど真ん中)です。
TTeeShape
型の新しいShapeプロパティ。Shape.TransparentFalseの場合、軸ラベルを囲んでいる領域が塗りつぶされます。

Chart1.Axes.Left.Shape.Transparent:=False;

軸ラベルの周りにボックスを描画する、新しいTexts.Formatプロパティ(デフォルトは非表示)。

 チャートの凡例
新しいGlobalTransparencyプロパティ。

このプロパティは、凡例シンボルやテキストを含む、凡例全体の透明度を制御します。
既にあるTransparencyプロパティは、凡例の背面を塗りつぶす時にだけ使用されます。
 チャートのズーム
新しいZoom.FullRepaintプロパティ(boolean型、デフォルト値:False)。
true
の場合、チャートをドラッグしながら表示されるズーム矩形は、マウスを動かす度にチャート全体を再描画します。
これは、ブラシの色/グラデーション(例:半透明のグラデーション)でズーム矩形を塗りつぶすことができます。
チャート全体の再描画は、cpuに少し時間がかかりますが、普通のチャートの場合、これはごくわずかな負担です。
 エディタダイアログ
多数のエディタダイアログが再構築され、改良されました。プロパティをカスタマイズする、「視覚的な」ギャラリが増えました。
多数のモーダルダイアログが埋め込み版に交換されました(モーダルダイアログはタッチデバイスには適しません)。
1つのツールコンポーネントの編集のためにモーダルダイアログを表示する、(TeeEditToolsユニットの)新しいEditToolメソッド。
現在、TeePictureFiltersエディタダイアログには、フィルタのパラメータの変更時に更新された、色鮮やかなヒストグラムチャートが含まれています。
エディタダイアログのこれらすべての変更は、TMakerTTreeコンポーネントエディタで再利用されます。
 すべての要素
TransformGDI+キャンバスのみ)

新しいプロテクトプロパティは、新しいTransformAnimationで使用するのが目的でしたが、手動による設定変更も可能です。

Transform
には、変換、スケーリングや回転のためのサブプロパティが含まれています。
すべての要素(タイトル、凡例、系列など)は、GDI+キャンバスにTransformを渡して変換を適用します。

背景イメージの上に半透明のグラデーションを表示。
半透明のグラデーション(GDI+キャンバスのみ)は、イメージ(例:Chart1.BackImage、またはChart1.Legend.Pictureのような他の要素)の上に描画できます。
 TCustomTeeShape
以下の新機能は、このクラス(アノテーション、チャートの凡例、チャートのタイトル、系列マーカ、組織図系列の項目、数値ゲージのマーカ、ツリーマップ系列の項目、その他多数の派生クラス)から派生されたすべての要素に適用します。

矩形の側面に、吹き出しを設定するプロパティ(サイズ、位置など)を使用して吹き出しシェープを描画する、新しい"ShapeCallout"プロパティ。矩形の4つの角のどの角に"RoundSize"プロパティを使用して弧を表示するかを定義する、TTeeCustomShapeの(TTeeCorners型の)新しい"Corners"プロパティ。4つすべての角のデフォルトは、"dsRound"です。
新しいChildrenコレクションプロパティ。同じ要素内に複数のサブ項目を再帰的に表示できます。
各サブ項目には、独自の書式特性(フォントプロパティとテキストプロパティ)があります。
新しいChildLayoutプロパティ。親の領域内に子のサブ項目をどうやって並べるか(上から下、または左から右)を定義します。
新しいAngleプロパティ(0360度の回転角度)。
 TeeChartOffice
TeeChartOfficeの無償のスタンドアローンアプリケーションの複数の実装(「ようこそ」ページ、関数、サンプルのギャラリ、TeeChart Proライブラリの全新機能を含む)。
 一般的な実装
TeePointerDrawLegendグローバルメソッド。
大きい幅広な枠ペンでのポインタ表示を改良するための、いくつかのマイナー修正。
面系列の修正。面の最終セグメントに3Dの透明度。
縦棒、横棒系列:円柱(より滑らかな見た目)とバー内(MarksOnBarプロパティ)のマーカ位置の改良。
(例えば、フィルタギャラリダイアログでフィルタ処理されたイメージのプレビューを再描画するよう通知するための)TFilterItemsの新しいOnChangeイベント。
TTeePenの新しいFillプロパティ(VCLGDI+FireMonkeyのみ)
TTeeBrushImageプロパティは、現在、TPicture型((TTeePictureはコントラスト、ぼかしなどのイメージフィルタを提供します)ではなくTTeePicture型です。
TTeeFont.SizeFloatプロパティ(VCLのみ、GDI+)は、フォントサイズの粒子を細かくできます。
TTeeFont.Brushプロパティ。GradientプロパティやPictureプロパティよりも優先されます。
新しいイメージフィルタ:SobelSepia
カスタム矩形にChart1.BackImageを描画する、TBackImageの新しいBottomプロパティとRightプロパティ。
GDI+SmoothStretchへの遅い呼び出しを消去する、TTeeCanvasの新しいStretchQualityプロパティ(デフォルト値:sqHigh)。
軸の矩形領域をカスタマイズする、新しいChart1.SetChartRect(const R:TRect)メソッド。
 その他の内部変更
TeeToolsGalleryDemosユニットとTeeAnimationsGalleryDemosユニットは、デザインタイムパッケージ(DCLTEExx)からランタイムパッケージ(TeeProxx)に移動されました。
一部のメソッドのパラメータに接頭辞として"const"属性を付けました(iOS関連)。
キャンバスのBeginEntityメソッドは現在、オプションの"Transform"パラメータに応じます。
TChartPenTTeePenに改名しました(TChartPenはまだ利用可能)。
TChartBrushTTeeBrushに改名しました(TChartBrushはまだ利用可能)。
TAxisGridPenのデフォルトのペンスタイルを"psSolid"に、幅を"0"(細い実線)に変更しました。
大きな画面での見た目を良くするために、TTeeZoom.Pen.Widthのデフォルトを3ピクセルに変更しました。
系列アニメーションツールは、TeeToolsユニットからTeeAnimationsユニットに移動されました。
すべてのフォントのグローバルなデフォルトフォント品質を変更する、GDIキャンバスの新しいFontQualityプロテクトプロパティ(これは、GDI+キャンバスのAntiAliasTextプロパティに似ています)。
Captionが空の時のTButtonColorTButtonPenTButtonGradientの描画シンボルを改良。
iOSアプリケーションのデフォルトのフォントサイズを15から11に変更しました。
TChartAxisのすべての"LabelsXXX"プロパティは、現在、TAxisLabels型の新しいTextsサブプロパティに1つにまとめられます。
"Europe 28"マップに追加されたクロアチア共和国("Europe 27"から改名されました)。
複数行のテキストシェープ(マーカ、アノテーションツール、など)の回転表示の改良。
(シェープ内にタグ付きテキストを表示するために)TeeHTMLのメソッドを更に改良。
サーフェス系列のHideCellsプロパティのデフォルト値は、現在、FalseではなくTrueです。
TTeeCanvas.PyramidTruncのパラメータをIntegerからDoubleに変更。
 廃止予定
TCustomBarSeriesAutoMarkPosition,Marks.AutoPositionプロパティに交換。
円系列のAutoMarkPositionMarks.AutoPositionプロパティに交換。
TTeeFont.Gradient.Outlineは廃止予定で、TTeeFont.Outline.Gradientに交換。
TTeeCanvasのペン、フォント、ブラシは、もうVCL/FMX TCanvasから継承されません。
$IFDEF MONITOR_REPAINTSを削除。TRepaintMonitorツールに交換。
TTeeShadowEditorInsertTeeShadowEditorグローバル関数をTTeeShadowEditor.InsertFormクラス関数に交換。
不要だったのでTTeeEmbossEditorユニットとクラスを削除。TTeeShadowEditorを使用してください。
TChartSeries"PrepareForGallery"プロテクトメソッドには、もうIsEnabledパラメータはありません。
ColorToRGBはもう内部では使用されません。すべての色をRGBA形式の4バイトと見なします。
TCanvas3D.TextOutオーバーロードメソッドだけが仮想メソッドです。
アノテーションツールのCalcTextSize仮想プロテクトメソッドは廃止予定です。新しいTTextShape.CalcBoundsを参照してください。
TTextShapeDrawRectRotatedメソッドはシンプルな"Draw"メソッド(複数のオーバーロード)に改名されました。

Copyright (C) NEWTONE Corporation. All rights reserved.