ニュートン メニュー

株式会社ニュートン

マイクロソフトパートナー

体験版ダウンロード

製品案内

ライセンスパック

ライセンスについて

カスタマイズ受付

製品購入ガイド









直販ショップ!
ニュートンストアで購入
コンポーネントソースで購入
SE Shopで購入

優待販売・
 キャンペーン情報

ユーザサービス
〔サポートページ〕

サポート体制

お知らせ
・ニュースリリース
・イベント出展
・製品関連記事

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ先

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

ニュートンホーム 製品案内
TeeChart Pro JP ActiveX/VCL
新機能一覧

TeeChart Pro JP ActiveX / VCL  
【新機能一覧】 New!

 MacOS, iOS に対応!(VCL 版)
 

TeeChart Pro JP VCL は Embarcadero RAD Studio XE4 の開発環境では Mac OS X, iOS(5.1 以降)にも対応しました。
※iOS アプリケーションを iOS シミュレータ(Mac 上)または iOS デバイスで実行するには、iOS デバイスを Mac に接続する必要があります。
以下のデバイスがサポートされています:iPod Touch、iPhone、iPad

 新しい系列
ローズ

ローズ系列は、極チャートとヒストグラムが組み合わさった系列で、特定の角度または向きに発生するデータの頻度/パーセントをプロットします。主に、重なり合った風/波の向きのデータを表すために使用されますが、向きに関するヒストグラムを表示しなければならない場合にも使用できます。
複数の系列を同時に表示し、系列はそれぞれ特定のプロパティを持っています。また、必要に応じて系列を積み重ねます。

三角系列

三角系列は3つのコンポーネントの相対的割合を表すために使用されます。この3つのコンポーネントは100%になるよう加算されるか、TeeChart によって100% に合わせられます。
三角系列は相対位置を描画し、ポイントの半径として「サイズ」を評価し、重み付けを追加するためにグラデーションのカラースケールを使用できます。

ノブゲージ

ノブゲージ系列はこのバージョンでの新機能です。
ActiveCenter プロパティを True にすると、中心のノブをマウスドラッグしてノブゲージの値を変更できます。

エラーポイント系列

エラーポイント系列は、ポイントに4方向(左、右、上、下)のエラーを付けて表すために使用します。

3D エラーポイント

3D エラーポイント系列は、3D 領域にエラー付きのポイントを表すために使用します。

ツリーマップ

ツリーマップは階層型(ツリー構造)のデータを一連の入れ子の四角形として表示します。ツリーのブランチ(枝)にはそれぞれ1つの矩形が表示され、そこにサブブランチ(小枝)を表す小さな矩形がタイル表示されます。リーフノードの矩形には、そのデータの指定された大きさにあった領域があります。
(http://en.wikipedia.org/wiki/Treemapping から抜粋)

フォルダ

このサンプルは、TTreeMapSeries を使用してファイルシステム構造を表示します。ノードの大きさは、ファイル/ディレクトリのサイズに一致します。

 新しいチャートツール
軸細分

軸細分ツールは、軸に切れ目を追加します。切れ目の設定は、軸の一部を隠すことで「関心のない」チャート部分を取り除き、チャート全体の値を最適化することができます。

カスタム凡例

この新しいカスタム凡例ツールにより、描画、リサイズなどのオプション付きの、TStringGrid コンポーネントのようにカスタマイズ可能なグリッドを描画できます。

 キャンバスの新機能
Flash / Flex チャート

TChart の「コンパクトチャート」は指定した領域に表示するようデザインされた Flash チャート(*.swf)です。
指定した大きさのアニメーションを「コンパクトチャート」に追加できるので、データ表現の可能性が広がります。
アニメーションを「拡張」表示するには、マウスを系列ポイントに移動させてください。チャートの幅と高さを設定してからエクスポートしてください。

 新しい関数
マネーフロー

マネーフローインデックス(MFI)関数は指定した期間の株価の上昇/下降を比較して相場に/相場から出回るお金の強さを判定します。

Marc Chaiken 氏によるマネーフローの式は次の通りです。
CMF = SUM(AD, n) / SUM(VOL, n)
 この場合、n=Period とする
AD = VOL * (CL - OP) / (HI - LO)
AD は Accumulation Distribution (累積分布)を表します。

変化率

変化率は、変化を変数で表す方法です。古い値と新しい値との相対的変動を表します。

スロープ

線の傾斜または傾きはその険しさを表します。値が大きいと、傾斜が急であることを示します。

歪度

歪度は実数値のランダム変数の確率分布の不釣合いの度合いです。

尖度

尖度は実数値のランダム変数の確率分布の「尖度」の度合いです。

平滑移動平均値

平滑移動平均(Smoothed Moving Average (SMMA))は、最近の株価に過去の株価と同じ重み付けをします。
これは一定期間を計算するのではなく、むしろ利用可能なすべてのデータ系列を考慮して計算します。これは当日の株価から前日の平滑移動平均を引いて計算されます。この結果を前日の平滑移動平均に追加すると、当日の平滑移動平均になります。
単純移動平均(SMA)よりも平滑移動平均の方がトレンドの変動に反応します。

ATR(Average True Range)

Average True Range(ATR)テクニカル指標は相場の変動率を示します。

RVI(Relative Vigor Index)

RVI 関数(Relative Vigor Index:相対活力指数)は、最近の相場の動きの信憑性とそれが持続する確率を計測する指標です。RVI は相場の株価変動幅に対する終値の位置を比較します。結果はその値の移動平均を計算して平滑化され、4日周期のシグナルラインと比較されます。
RVI は次の式を使用して計算されます。
RVI = (終値-始値)/(高値-安値)

AO(Awesome Oscillator)

オーサム・オシレータ (AO) は、単に34日単純移動平均線と5日単純移動平均線のバーの中間値(高値+安値)÷2)の差です。
直近の5つのバーと34のバーを比較してその時の相場の動きを判断します。
AO 関数はデータソースとしてOHLC(キャンドル)系列を使用します。

AC(Acclerator/Declerator Oscillator)

加減速テクニカル指標は、現在のトレンドの方向性と強さを表します。
この指標はトレンドに何らかの変更がある前に方向を変えます(株価よりも先に次々と方向を変えます)。
加減速は、早期の警告シグナルとなり、確かな利点をもたらします。
加減速関数は、データソースとしてOHLC(キャンドル)系列を使用します。

アリゲーター

アリゲーターテクニカルインジケータは、バランスライン(移動平均線):アリゲーター(ワニ)のあご(青線)、歯(赤線)、唇(緑線)が組み合わさったものです。
この3本のバランスラインはさまざまな期間の相互作用を表します。トレンドは全体の 15〜30% にすぎないので、これらに従ったり、一定の株価の期間内でしか変動しない相場での売買を手控えたりするには不可欠です。

ゲーターオシレータ

ゲーターオシレータのベースは、TAlligatorFunction で、アリゲーター(ワニ)の「あご」、「歯」、「唇」の収束/分岐の度合いを示します。

 新しいコンポーネント
GDI+

TeeChart のパレットで利用可能な TTeeGDIPlus コンポーネントを使用して、Win32 の GDI のグラフィックスサブシステムの代わりに、Microsoft の GDI+ を使用して自動描画します。

 軸の新機能
軸細分

軸細分ツールは、軸に切れ目を追加します。切れ目の設定は、軸の一部を隠すことで「関心のない」チャート部分を取り除き、チャート全体の値を最適化することができます。

軸グリッドの領域

TeeChart の旧バージョン同様、デザイン時または実行時にチャートのカスタム軸を作成/編集できます。このバージョンでの新機能はグリッドの区分けです。これは軸をペアにして、一方の軸から描画されたグリッド線をもう一方の軸(パートナー軸)の領域で区切ることができます。
このチャートは、デザイン時に作成してファイルに保存した複数のカスタム軸を表示しています。

軸ラベルを背面に表示

軸をチャート中央に表示した時に、グリッド線の前面/背面にラベルを表示できます。
新しい軸のプロパティ:LabelsBehind を使用してください。

グリッドバンドの中央にグリッドを表示

軸の GridCentered プロパティが True に設定された場合、グリッドバンドツールは、中央に配置されます。

古い軸ラベルの取得

このサンプルは、カスタムラベルを使用した後に前の軸ラベルを表示する方法を示しています。

 凡例の新機能
シンボルとテキストの隙間

凡例は、数値データを揃えたり、列幅をカスタマイズすることができます。凡例シンボルとテキストの小さな隙間を調整するために使用します。これはテキストを右揃えにして、その隙間をもっと左側に広げたい場合に役立ちます。

例:
Chart1.Legend.TextSymbolGap := 5;
//列幅
Chart1.Legend.ColumnWidths[0] := 30;
Chart1.Legend.ColumnWidths[1] := 20;
Chart1.Refresh;

凡例の最大行

垂直方向の凡例のための新しいMaxNumRowsプロパティです。

例:
Chart1.Legend.MaxNumRows := StrToInt(Edit1.Text);

 系列の新機能
カスタム / Smoothed プロパティ

TLineSeries と TAreaSeriesのSmoothed プロパティは、系列ポイント間の線を滑らかにします。

Series1.Smoothed := True;

極のズーム

TPolarSeries にズームがサポートされました。

DrawAllPointsStyle プロパティ

DrawAllPointsStyle プロパティは、同じ水平ピクセルに反復ポイントを表示する方法を選択できます。
daFirst: 系列に X のピクセル位置が同じでYのピクセル位置が異なるポイントが複数ある場合、最初のポイントだけを表示します。
daMinMax: 各 X のピクセル位置に、Y の最小値と最大値をプロットします。

Series1.DrawAllPoints := False ;
Series1.DrawAllPointsStyle := daMinMax;

マーカフォントに系列色を使用

系列マーカのフォントの色をポイントの色にすることができます。

例:
Series1.Marks.FontSeriesColor := True;

バーのマーカ位置

縦棒系列と横棒系列の新しい機能です。マーカは、簡単にバーの希望する位置に設定することができます。
MarksLocation (mlStart, mlCenter, mlEnd) プロパティと共に MarksOnBar プロパティが追加されました。

例:
Series1.MarksOnBar := cbMarksOnBar.Checked;
Series1.MarksLocation := TMarksLocation(cbMarkLocation.ItemIndex);

マーカを前面表示

系列マーカの OnTop プロパティ(デフォルト: False)。2D チャートのすべての系列上部に系列マーカを描画するかどうかを選択できます。

Series1.Marks.OnTop := True;

角の丸いバー

TCustomBarSeries(縦棒と横棒)に新しいバースタイル「bsRoundRect」が追加されました。これは角の丸いバーを表示できます。
BarStyle プロパティをbsRoundRectに設定すると、BarRoundプロパティのスタイル(brNone, brAtValue, brBothEnds)を選択したり、角の丸めサイズも設定できます。

例:
Series1.BarStyle := bsRoundRectangle;
Series1.BarRound := brBothEnds;
Series1.RoundSize := 20;

ヒストグラム系列の Y 原点

THistogramSeries の新しい UseOrigin と YOrigin プロパティは、ヒストグラム系列の原点を指定できます。

例:
Series1.UseOrigin := True;
Series1.YOrigin := 500;

HTML 形式の組織図系列

(マーカ、アノテーション、ツールなどを表示する) TShapeText オブジェクトのテキストに HTML テキストを使用できます。
これは、<IMG SRC> やその他のパラメータでイメージを挿入します。
このサンプルは、組織図チャートでの HTML テキストの使用法を示しています。

キャンドルの始値と終値のペン

キャンドル系列のCandleStyleプロパティがcsCandleBarの時に、始値/終値のティックの色をカスタマイズするためのオプションを提供します。

Series1.CandleStyle := csCandleBar;
Series1.OpenTickColor := clLime;

円の照明

円の3つの新しいプロパティ:BevelPercent、EdgeStyle(GDI+ キャンバスでのみ有効)、Transparency プロパティは面白い照明効果を施すことができます。
照明は分離されたスライスと互換性があります。

フレーム付の円

円系列の外側にカスタマイズ可能な枠を設定できます。枠は内側、外側、中央の値を指定できます。
これは 2D のパイ系列用です。

ゲージ / 埋め込み数値ゲージ

円形ゲージには、新しく NumericGauge プロパティ、AutoPositionNumericGauge プロパティ、AutoValueNumericGauge プロパティが追加され、円形ゲージ内に数値ゲージを埋め込み表示することができます。

ゲージ / 埋め込み線形ゲージ

円形ゲージには、新しくLinearGauge プロパティ、AutoPositionLinearGauge プロパティ、AutoValueLinearGauge プロパティが追加され、円形ゲージ内に線形ゲージを埋め込み表示することができます。

ゲージ / カスタムな埋め込み

新しい Embedded プロパティを使用して、円形ゲージに複数の数値ゲージ/線形ゲージを埋め込み表示することができます。

ゲージ / 円形ゲージの DisplayTotalAngle プロパティ

円形ゲージの新しい DisplayTotalAngle プロパティと DisplayRotationAngle プロパティは、「半円」あるいは「部分的」に円形ゲージ系列を描画します。

ゲージ / 円形ゲージの枠の編集

車の回転数計や速度計のような円形ゲージを描画するチャートの系列スタイル。このバージョンでは、新しくゲージの外側の枠を異なるサイズに変更するオプションが追加されました。

 コンポーネントの新機能
エディタのオプション

チャートエディタとチャートギャラリに新しいオプションが追加されました。
TeeCommander コンポーネントからチャートエディタを呼び出しても、チャートエディタの幅と高さを設定できます。

 新しいエクスポート形式
Flash / Flex チャート

TChart の「コンパクトチャート」は指定した領域に表示するようデザインされた Flash チャート(*.swf)です。
指定した大きさのアニメーションを「コンパクトチャート」に追加できるので、データ表現の可能性が広がります。

 新機能
ツール / フィボナッチのリトレースメント

フィボナッチファンやアークの金融ツールです。このツールはフィボナッチアーク、ファン、リトレースメントをサポートします。
フィボナッチアークは鍵となるサポートレベルとレジスタンスレベル、変動領域を予想するために描画される3つの円弧からなる図表テクニックです。フィボナッチアークは、まず2つのポイント(通常、指定した期間の高値と安値)間に目に見えないトレンドラインを引き、このトレンドラインと交差する3つの曲線を鍵となる38.2%、50%、61.8%の位置に描画することにより作成されます。
フィボナッチファンは鍵となるサポートレベルとレジスタンスレベルを認識する手助けとなるフィボナッチの黄金比を使用した3つの斜線からなる図表テクニックです。フィボナッチファンは、まず2つのポイント(通常、指定した期間の高値と安値)間にトレンドラインを引き、この2つのポイント間の縦の距離をフィボナッチの黄金比:38.2%、50%、61.8%で割って作成されます。この3分割から縦に3つのポイントが割り出されます。最左端のポイントからフィボナッチの黄金比を表す3つのポイントにそれぞれ線を描画することにより、この3つの「フィボナッチファン」の線が作成されます。
フィボナッチリトレースメントは株式チャートの2つの極点(通常は主要な絶頂期と底値)を取得し、その縦の距離を鍵となるフィボナッチの黄金比:38.2%、50%、61.8%で分割した図表テクニックです。これらのレベルが特定されると、水平線が描画され利用可能なサポートレベルとレジスタンスレベルを特定するために使用されます。

ツール / 新しい統計

平均値、トレンドなどの基本的な関数を系列に簡単に追加します。TeeChart Pro v9 に新しい関数:歪度と尖度が追加されました。また、選択した系列の基本的な統計データも表示します。

ツール / 系列バンドを階段状に描画

TSeriesBandToolは、系列を階段状に描画することができます。

ツール / サブチャート / ドラッグ&リサイズ

サブチャートツールに新しくAllowDragプロパティとAlllowResizeプロパティが追加されました。
それぞれのサブチャートのドラッグ/サイズ変更が可能です。

例:
with subChartTool1 do
begin
  Charts[0].Chart.Color:=clBtnFace;
  Charts[0].AllowResize := true;
end

ツール / サブチャート / イベント

ドラッグ/サイズ変更イベントがサブチャートツールに追加されました。

エディタ / 系列の Order プロパティ

チャートエディタの系列タブに、XValuesとYValuesのOrderプロパティの設定機能が追加されました。

関数 / y = mx + b

系列組み合わせ関数は AnswerVector プロパティの多項式係数を返します。これは 1 から PolyDegree までのサイズ配列です。
PolyDegree を 2 にすると、このサンプルに示してあるのと同じ方程式 y = mx + b の直線を取得できます。
AnswerVector は常に正規化された方程式の係数を返します。(この場合の)正規化とは、すべてのX値から「すべて」の最小X値が差分され、すべてのY値から最小Y値が差分されることです。その後、実際の組み合わせはこれらの正規化された値に行われます。つまり、実際の組み合わせは
y = a(n) * x^n + a(n-1) * x^(n-1) +... + a0
にではなく、
y - ymin = b(n) * (x - xmin)^n + b(n - 1) * (x - xmin)^(n - 1) + ... + b0
に行われます。
この a(n) と b(n) は異なります。AnswerVector は常に b(n) 係数を返します。a(n) を取得するには、上記の関係式を使用して変換してください。例えば、「正規化された」1次方程式は
y - ymin = b(1) * (x - xmin) + b(0)
です。これを
y = b(1) * x - b(1) * xmin + b(0) + ymin
のように展開することで、方程式 y=a(1)*x+a(0) を定義する普通の係数 a(1) と a(0) を取得します。
a(1) = b(1) a(0) = -b(1) * xmin + b(0) + ymin

関数 / 傾きと Y 軸の交差

「y = mx + b」 サンプルで示したように、系列組み合わせ関数を使用して一次関数の傾きとY軸と交差する点を取得できます。

関数 / SPC ( Western Electric Rules )

これはシューハートチャート(統計的工程管理図)のサンプルで、既存の機能を使って一連の規則(この場合は Western Electric ルール)をどのようにチャートに当てはめるかを示しています。

イベント / ChartGrid OnTopLefChanged イベント

チャートグリッドコントロールは、チャートの系列を標準の VCL の String Grid に関連付けます。このグリッドを使用すると、ポイントの値やテキストを追加、削除、変更できます。
このリリースでは、OnTopLefChanged イベントが追加されました。このイベントは、TopRow または LeftCol プロパティが変更された直後に発生します。

エクスポート / DPI

Bitmap や JPEG イメージのエクスポートに Dots Per Inch (DPI) を設定できます。

外観 / 新しいチャートのテーマ

最新のテーマを表示するよう、デフォルトのテーマを Opera にしています。また、各カラーパレットと共に新しいテーマ:BlackIsBack、Grayscale、Speed が実装されました。

外観 / 速度テーマ

TeeChart から最適な性能を簡単に得るための新しい TSpeedTheme です。
以下で推奨されているほとんどのチャート設定を実装しています。
http://www.teechart.net/reference/articles/VCLRealtime.htm
その他の系列設定はもちろん、チャートや系列のためペンの OwnerCriticalSection も残してあります。

 その他
Emboss プロパティ

影の反対方向に「影のような」効果を施します。
このプロパティは、Shadow が実装されているのと同じクラスに実装されています。つまり、このプロパティはチャートの至る所に幅広く利用できます。

HTML テキスト形式

ほとんどの Chart オブジェクトに HTML テキスト形式を使用できます。
このイメージは、軸ラベル、系列マーカ、矩形/アノテーションツールにこの HTML 形式を適用させる例を示しています。

ズーム履歴

このバージョンでの新機能は、ズームインと逆の順番でズームアウトされるように、チャートのズームインの履歴を記録するオプションが付きました。

例:
Chart1.Zoom.History := True;

Copyright (C) NEWTONE Corporation. All rights reserved.