ニュートン メニュー

株式会社ニュートン

マイクロソフトパートナー

YouTube公式チャンネル

体験版ダウンロード

製品案内

ライセンスパック

ライセンスについて

カスタマイズ受付

製品購入ガイド

オンラインショップ
直販ショップ !
ニュートンストアで購入
コンポーネントソース
コンポーネントソースで購入

優待販売・
 キャンペーン情報

ユーザサービス
〔サポートページ〕

サポート体制

お知らせ
・ニュースリリース
・イベント出展
・製品関連記事

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ先

ニュートンホーム 更新履歴
認証レスキュー

アプリケーション ライセンス認証 (アクティベーション)開発キット
「認証レスキュー®

「認証レスキュー」 の更新履歴は、以下の通りです。
必要に応じてここをクリックして、最新のモジュールをダウンロードしてご利用ください。


【「認証レスキュー」 更新履歴一覧】

FixNo.

更新日

内容

5

2012/09/27 ・「認証レスキュー」のオリジナルファイルについて、以下の通りに一部変更を行いました。

【更新方法】
ユーザー様が既に「認証レスキュー」のソースファイルを変更されている場合は、下記を参考にして直接ソースファイルをご変更ください。

なお、「認証レスキュー」の最新セットアップファイルは、「最新モジュールダウンロード」のページよりダウンロードできます。

【変更内容】
「インターネットで認証登録」時のWebサービスを利用したWebサーバーとの接続方法を一部変更しました。HTTP1.1に未対応のサーバーまたはプロキシサーバーを経由した場合に認証に失敗する可能性があることを考慮してコードを追加しました。

=================
   C#用
=================

【Web&Package】


1.OnlineCancel.cs(「インターネットで認証解除【お客様PC】」ソース)でbutton1_Clickイベントにコードを追加(<変更後> の赤字部分)しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
 //Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000; //60秒

//=プロキシ設定================
if (checkBox1.Checked) // プロキシ使用時
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, false);
    System.Net.ICredentials iCre = new System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text);
    proxyObj.Credentials = iCre;
    serv.Proxy = proxyObj;
}
else // プロキシ使用しない場合
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy();
    serv.Proxy = proxyObj;
}
//===============================
         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
 //Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000; //60秒

// 【2012/09/27追加】
// Expect 100-Continue拡張ヘッダを使用しない(HTTP1.0互換のためHTTP1.1からの機能を無効にする)
System.Net.ServicePointManager.Expect100Continue = false;


//=プロキシ設定================
if (checkBox1.Checked) // プロキシ使用時
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, false);
    System.Net.ICredentials iCre = new System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text);
    proxyObj.Credentials = iCre;
    serv.Proxy = proxyObj;
}
else // プロキシ使用しない場合
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy();
    serv.Proxy = proxyObj;
}
//===============================
         ・
         ・
         ・

2. OnlineRegister.cs(「インターネットで認証登録【お客様PC】」ソース)でbutton1_Clickイベントにコードを追加(<変更後> の赤字部分)しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
 //Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000; //60秒

//=プロキシ設定================
if (checkBox1.Checked) // プロキシ使用時
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, false);
    System.Net.ICredentials iCre = new System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text);
    proxyObj.Credentials = iCre;
    serv.Proxy = proxyObj;
}
else // プロキシ使用しない場合
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy();
    serv.Proxy = proxyObj;
}
//===============================         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
 //Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000; //60秒

// 【2012/09/27追加】
// Expect 100-Continue拡張ヘッダを使用しない(HTTP1.0互換のためHTTP1.1からの機能を無効にする)
System.Net.ServicePointManager.Expect100Continue = false;


//=プロキシ設定================
if (checkBox1.Checked) // プロキシ使用時
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, false);
    System.Net.ICredentials iCre = new System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text);
    proxyObj.Credentials = iCre;
    serv.Proxy = proxyObj;
}
else // プロキシ使用しない場合
{
    System.Net.IWebProxy proxyObj = new System.Net.WebProxy();
    serv.Proxy = proxyObj;
}
//===============================         ・
         ・
         ・


=================
   VB用
=================

 

【Web&Package】

1.OnlineCancel.vb(「インターネットで認証解除【お客様PC】」ソース)でbutton1_Clickイベントにコードを追加(<変更後> の赤字部分)しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
 'Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000 '60秒

'=プロキシ設定================
If (checkBox1.Checked) Then ' プロキシ使用時
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, False)
    Dim iCre As System.Net.ICredentials = New System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text)
    proxyObj.Credentials = iCre
    serv.Proxy = proxyObj
Else ' プロキシ使用しない場合
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy()
    serv.Proxy = proxyObj
End If
'===============================         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
 'Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000 '60秒

' 【2012/09/27追加】
' Expect 100-Continue拡張ヘッダを使用しない(HTTP1.0互換のためHTTP1.1からの機能を無効にする)
System.Net.ServicePointManager.Expect100Continue = False

'=プロキシ設定================
If (checkBox1.Checked) Then ' プロキシ使用時
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, False)
    Dim iCre As System.Net.ICredentials = New System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text)
    proxyObj.Credentials = iCre
    serv.Proxy = proxyObj
Else ' プロキシ使用しない場合
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy()
    serv.Proxy = proxyObj
End If
'===============================         ・
         ・
         ・

2. OnlineRegister.vb(「インターネットで認証登録【お客様PC】」ソース)でbutton1_Clickイベントにコードを追加(<変更後> の赤字部分)しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
 'Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000 '60秒

'=プロキシ設定================
If (checkBox1.Checked) Then ' プロキシ使用時
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, False)
    Dim iCre As System.Net.ICredentials = New System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text)
    proxyObj.Credentials = iCre
    serv.Proxy = proxyObj
Else ' プロキシ使用しない場合
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy()
    serv.Proxy = proxyObj
End If
'===============================
         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
 'Webサービスタイムアウト
serv.Timeout = 60 * 1000 '60秒

' 【2012/09/27追加】
' Expect 100-Continue拡張ヘッダを使用しない(HTTP1.0互換のためHTTP1.1からの機能を無効にする)
System.Net.ServicePointManager.Expect100Continue = False

'=プロキシ設定================
If (checkBox1.Checked) Then ' プロキシ使用時
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy(txt_Adress.Text + ":" + txt_Port.Text, False)
    Dim iCre As System.Net.ICredentials = New System.Net.NetworkCredential(txt_UserName.Text, txt_Password.Text)
    proxyObj.Credentials = iCre
    serv.Proxy = proxyObj
Else ' プロキシ使用しない場合
    Dim proxyObj As System.Net.IWebProxy = New System.Net.WebProxy()
    serv.Proxy = proxyObj
End If
'===============================
         ・
         ・
         ・

4

2011/12/01

・「ユーザーズガイド」(UsersGuide.pdf)の一部変更と修正
PDFのしおりに「概要」が表示されていなかった件を修正しました。
「概要」の内容に「●Win32 アプリケーションの配布にも利用可能!」などの文章を追加しました。

なお、「認証レスキュー」の最新セットアップファイルや最新の「ユーザーズガイド」は、「最新モジュールダウンロード」のページよりダウンロードできます。

3

2011/03/11

・「認証レスキュー」のオリジナルファイルについて、以下の通りに一部修正を行いました。

【更新方法】
ユーザー様が既に「認証レスキュー」のソースファイルを変更されている場合は、下記を参考にして直接ソースファイルをご変更ください。

なお、「認証レスキュー」の最新セットアップファイルは、「最新モジュールダウンロード」のページよりダウンロードできます。


=================
   C#用
=================

【InsideSystem】

 「電話認証登録(および解除)の対応」処理で、新たにログへの書き込み部分のコードを追加しました。(以前までの当該処理では、ログへの書き込みはありませんでした。)

1.Form4.cs(「電話認証登録の対応」ソース)でData_Put関数に ログデータの書き込み処理の呼び出しを追加しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
switch ((int)sCmd.Parameters["StatusFlag"].Value)
{
case 1:
    //トランザクションを確定する
    sTran.Commit();
    MessageBox.Show("正常に登録できました。", "電話認証登録の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information);
    break;
         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
switch ((int)sCmd.Parameters["StatusFlag"].Value)
{
case 1:
    //トランザクションを確定する
    sTran.Commit();
    // 【2011/03/11変更】
    // ログの書き込み
    Class1.ActivationLog_Put(textBox1.Text, textBox2.Text, textBox3.Text, sCmd.Parameters["StatusFlag"].Value.ToString(), 3);
   
MessageBox.Show("正常に登録できました。", "電話認証登録の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information);
    break;
         ・
         ・
         ・

2. Form6.cs(「電話認証解除の対応」ソース)でOffline_Kaijo関数にログデータの書き込み処理の呼び出しを追加しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
switch ((int)sCmd.Parameters["StatusFlag"].Value)
{
case 1:
    MessageBox.Show("正常に解除できました。", "電話認証解除の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information);
    break;
         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
switch ((int)sCmd.Parameters["StatusFlag"].Value)
{
case 1:
    // 【2011/03/11変更】
    // ログの書き込み
    Class1.ActivationLog_Put(textBox1.Text, textBox2.Text, textBox3.Text, sCmd.Parameters["StatusFlag"].Value.ToString(), 4);
   
MessageBox.Show("正常に解除できました。", "電話認証解除の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information);
    break;
         ・
         ・
         ・


=================
   VB用
=================

【InsideSystem】

 「電話認証登録(および解除)の対応」処理で、新たにログへの書き込み部分のコードを追加しました。(以前までの当該処理では、ログへの書き込みはありませんでした。)

1. Form4.vb(「電話認証登録の対応」ソース)でData_Put関数にログデータの書き込み処理の呼び出しを追加しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
Select Case CInt(sCmd.Parameters("StatusFlag").Value)
Case 1
    'トランザクションを確定する
    sTran.Commit()
    MessageBox.Show("正常に登録できました。", "電話認証登録の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information)
         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
Select Case CInt(sCmd.Parameters("StatusFlag").Value)
Case 1
    'トランザクションを確定する
    sTran.Commit()
    ' 【2011/03/11変更】
    ' ログの書き込み
    Class1.ActivationLog_Put(textBox1.Text, textBox2.Text, textBox3.Text, sCmd.Parameters("StatusFlag").Value.ToString(), 3)
   
MessageBox.Show("正常に登録できました。", "電話認証登録の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information)
         ・
         ・
         ・

2. Form6.vb(「電話認証解除の対応」ソース)でOffline_Kaijo関数にログデータの書き込み処理の呼び出しを追加しました。

<変更前>
         ・
         ・
         ・
Select Case CInt(sCmd.Parameters("StatusFlag").Value)
Case 1
    MessageBox.Show("正常に解除できました。", "電話認証解除の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information)
         ・
         ・
         ・

<変更後>
         ・
         ・
         ・
Select Case CInt(sCmd.Parameters("StatusFlag").Value)
Case 1
    ' 【2011/03/11変更】
    ' ログの書き込み
    Class1.ActivationLog_Put(textBox1.Text, textBox2.Text, textBox3.Text, sCmd.Parameters("StatusFlag").Value.ToString(), 4)
   
MessageBox.Show("正常に解除できました。", "電話認証解除の対応 【社内PC】", MessageBoxButtons.OK, MessageBoxIcon.Information)
         ・
         ・
         ・

2

2010/05/17

・「認証レスキュー」のオリジナルファイルについて、以下の通りに一部修正を行いました。

【更新方法】
ユーザー様が既に「認証レスキュー」のソースファイルを変更されている場合は、下記を参考にして直接ソースファイルをご変更ください。

なお、「認証レスキュー」の最新セットアップファイルは、「最新モジュールダウンロード」のページよりダウンロードできます。


=================
   C#用
=================

【InsideSystem】

1. 「using System.Linq;」を下記のファイルから削除しました。(不要だったため)

Class1.cs
Form1.cs
Form2.cs
Form3.cs
Form4.cs
Form5.cs
Form6.cs
Form7.cs
Form8.cs
Form9.cs
Program.cs

2. 参照設定から下記のファイルをプロジェクトから削除しました。(不要だったため)
System.Core
System.Data.DataSetExtensions
System.Xml.Linq

【Web&Package】

1. Service.csで設定されているデータ接続文字列を修正しました。

// 【2010/05/12変更】
// Webアプリケーションが動作しているカレントフォルダの取得を
// GetCurrentDirectoryメソッドからMapPathメソッドに変更した。
//
//private string ConnectionString = @"Data Source=.\SQLEXPRESS;"
// + "AttachDbFilename=" + System.IO.Path.GetFullPath(System.IO.Directory.GetCurrentDirectory() + @"\..\..\")
// + @"Database\ActivationKit.MDF;"
// + "Integrated Security=True;"
// + "User Instance=True;"
// + "Connect Timeout=30";

private string ConnectionString = @"Data Source=.\SQLEXPRESS;"
+ "AttachDbFilename=" + System.IO.Path.GetFullPath(HttpContext.Current.Server.MapPath("") + @"\..\..\..\")
+ @"Database\ActivationKit.MDF;"
+ "Integrated Security=True;"
+ "User Instance=True;"
+ "Connect Timeout=30";

=================
   VB用
=================

【InsideSystem】

1. 参照設定から下記のファイルをプロジェクトから削除しました。(不要だったため)
System.Core
System.Data.DataSetExtensions
System.Xml.Linq


【Web&Package】

1. Service.vbで設定されているデータ接続文字列を修正しました。

' 【2010/05/12変更】
' Webアプリケーションが動作しているカレントフォルダの取得を
' GetCurrentDirectoryメソッドからMapPathメソッドに変更した。
'
'Private ConnectionString As String = "Data Source=.\SQLEXPRESS;" _
' + "AttachDbFilename=" + System.IO.Path.GetFullPath(System.IO.Directory.GetCurrentDirectory() + "\..\..\") _
' + "Database\ActivationKit.MDF;" _
' + "Integrated Security=True;" _
' + "User Instance=True;" _
' + "Connect Timeout=30"

Private ConnectionString As String = "Data Source=.\SQLEXPRESS;" _
+ "AttachDbFilename=" + System.IO.Path.GetFullPath(HttpContext.Current.Server.MapPath("") + "\..\..\..\") _
+ "Database\ActivationKit.MDF;" _
+ "Integrated Security=True;" _
+ "User Instance=True;" _
+ "Connect Timeout=30"

1

2010/03/05

・「ユーザーズガイド」(UsersGuide.pdf)の一部修正
PDFのしおりの最後に「アプリケーション難読化の必要性」が2行表示される件を修正しました。(本文やハイパーリンクなどの変更はございません)
新しいファイルの更新日時は、2010/03/05 11:30です。お客様のファイルの更新日時がそれより古い場合にダウンロードしてご利用ください。

Copyright (C) NEWTONE Corporation. All rights reserved.