ニュートン メニュー

株式会社ニュートン

マイクロソフトパートナー

YouTube公式チャンネル

体験版ダウンロード

製品案内

ライセンスパック

ライセンスについて

カスタマイズ受付

製品購入ガイド

オンラインショップ
直販ショップ !
ニュートンストアで購入
コンポーネントソース
コンポーネントソースで購入

優待販売・
 キャンペーン情報

ユーザサービス
〔サポートページ〕

サポート体制

お知らせ
・ニュースリリース
・イベント出展
・製品関連記事

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ先

ニュートンホーム 更新履歴
TeeChart Pro 8J VCL

インターラクティブ チャートコンポーネント
TeeChart Pro 8J VCL

このTeeChart Pro 8J VCLの更新履歴は、以下の通りです。
必要に応じて
ここをクリックして、最新のモジュールをダウンロードしてご利用ください。


【更新履歴一覧】

FixNo.

更新日

内容

5

2011/04/14

バージョン 8.08

「新機能」
1.2D チャートで系列マーカが重なり合わないように Marks.OnTop プロパティが実装されました。
2.ヒストグラム関数に新しくDataStyleプロパティが追加されました。
 hdsTruncate:切り捨て(デフォルト)
 hdsRound:丸め
旧バージョンまでは、hdsRound での動作でしたが、今回のバージョンより hdsTruncate になりましたので、旧バージョンと同じ動作にしたい場合は、このプロパティを hdsRound に設定してください。

「修正項目」
1.ある状況において、軸ラベルが VML で正確にエクスポートされなかった。
2.CustomChartRect プロパティが正常に動作しなかった。
3.ある状況において、反転軸のヌルポイントが正常に動作しなかった。
4.負の値の積み重ね面系列が正常に描画されなかった。
5.特定のデータ範囲を使った対数ラベルで問題があった。
6.データテーブルツールを含んでいるチャートをスクロールするとデータテーブルツールが正常に動作しなかった。
7.チャートを回転または移動すると、階段状の面系列が正常に描画されなかった。
8.モノクロのチャートでカーソルツールが表示されなかった。
9.セレクタツールが右軸にハンドルを正確に配置しなかった。
10.垂直に並べられた円形ゲージ系列の中心が不正な位置に描画された。
11.アンチエイリアスツールが正常に動作しない場合があった。
12.TDBCrossTabSource の系列の削除が正常に動作しなかった。
13.TDBCrossTabSource のチャートでチャートエディタがハングアップした。
14.TChart.Assign メソッドで BevelInner と BevelOutter を割り当てられなかった。
15.ある状況において、エクスポートした後に一部の系列マーカがなくなった。
16.セレクタツールで色が使えなかった。
17.標準偏差関数がある特定の Period プロパティの設定を使用すると、正常に動作しなかった。
18.任意の軸を割り当てずに、名前を変更しようとするとデザイン時にカラーバンドツールが AV エラーを発生した。
19.軸の最小値 <> 0 の場合、チャートのスクロールバーが正常に動作しなかった。
20.エクセルにエクスポートしたファイルが日本語版の Excel 2010 で正確にインポートされなかった。

4

2010/12/28

プログラミングガイドを修正した。

3

2010/06/21

バージョン 8.07

「新機能」
AddOHLC メソッドと AddCandle メソッドの引数にラベルと色を追加した。

「修正項目」
1.日付が0またはそれ以下の場合に、チャートエディタから DateTime 値を変更できなかった。
2.軸を割り当てるとラベルのフォント設定が無効になった。
3.回転時に TAreaSeries で色が正確に描画されなかった。
4.水平グリッドが TColorGridSeries で描画されなかった。
5.角度がゼロ以外の場合、円系列のマーカの影が正確に描画されていなかった。
6.GDI+ チャートをビットマップにエクスポートできなかった。
7.ある状況において、TLineSeries の描画にかなり時間がかかった。
8.TChartShape 系列で、OnGetMarkText イベントが使えなかった。
9.ある状況において、TBarSeries をスクロールするとバーのサイズが変わった。
10.CandleStyle が csLine に設定された TCandleSeries で Null 値が描画された。
11.実行時に TSeriesTextSource がクラッシュした。
12.TFastLineSeries で、IgnoreNulls プロパティが TreatNulls プロパティ を妨げていた。
13.LinePen.Width > 1 でアンチエイリアスツールが設定された 2D TLineSeries が常に黒くなった。
14.ある状況において アンチエイリアスツールを使用している時にチャートエディタがクラッシュした。
15.影が凡例シンボルで動作していなかった。
16.対数軸に関連付けられている時、TErrorBarSeries が正確に描画されていなかった。
17.TLineSeries.ColorEachLine プロパティが2D チャートで正しく動作していなかった。
18.負の値の積み重ねバーが正確に描画されなかった。
19.TGaugeSeries の Value プロパティがシリアル化されなかった。
20.DataSource プロパティと DataSources プロパティの同期化の強化。
21.ある状況において XValues が XML にエクスポートされなかった。

2

2009/10/23

バージョン 8.06

「新機能」
1.TeeRoundDate の、dtHalfMonth より小さいインクリメントのサポート。
2.RAD Studio 2010(C++Builder 2010/Delphi 2010) のサポート。

「修正項目」
1.2D の線を一部チャートの範囲外にスクロールした時にアンチエイリアスツールでは線を正確に描画しなかった。
2.状況によって負の値が追加された時にカラーグリッド系列で例外が発生した。
3.2D のリボン系列で LinePen.Width を設定すると OutLine.Width も設定された。
4.折れ線系列の Clicked メソッドが階段モードを処理しなかった。
5.状況によって MDI アプリケーションの関数のソース系列リストが空になる。
6.状況によって DateTime の時に軸ラベルが重なってしまう。
7.状況によって縦棒の幅が正確ではなかった。
8.TTeePreviewPanel が凡例シンボルにパターンをプロットしなかった。
9.右にスクロールすると、面系列の最後のポインタが消える。

1

2009/07/10

バージョン 8.05

「新機能」
1.新しい TChartSeries.AddArray(XValues, YValues) メソッド。
2.新しい ClearChart メソッドが実装された。
3.ダウンサンプリング関数の新しい DisplayedPointCount プロパティ。
4.系列の新しい DefaultNullValue プロパティ。
5.マーカの新しい FontSeriesColor (ポイントの色を指定して各マーカのフォントの色を設定します)。
6.ヒストグラム関数に新しい IncludeNulls プロパティが実装された。デフォルトは True です。
7.C++Builder 5と6にFlexとXAMLのエクスポートを追加。

「修正項目」
1.泡系列をズーム/スクロールするとチャートの端の泡が消える。
2.キャンドル系列をスクロールすると、不正な FirstDisplayedIndex と LastDisplayedIndex の値が返される。
3.マーカを表示した場合、スミス系列の円の大きさが不要に小さくなってしまう。
4.XValues に関連付けられている軸が反転している場合、ヒストグラム系列と横ヒストグラム系列が正確に描画されない。
5.PNGExportFormat でのメモリのリーク。SaveToStreamCompression。
6.キャンドル系列に NULL 値を設定できない。
7.軸のインクリメントの計算が非常に広範囲のエラーを発生する。
8.カラーグリッド系列で、CalcXPos と CalcYPos が動作しない。
9.ある状況においてカラーグリッド系列でグリッドラインが描画されない。
10.例外状況において、散布図系列が終点の表示に失敗する。
11.チャートのサイズを変更した場合、横棒系列のポイントがすべて表示されない。
12.TVideoTool.Compression に追加されたサポート。
13.エディタからビデオ プレーヤー ツールを追加すると例外が発生する。
14.一部の状況において、軸のタイトルが不正な場所に描画される。
15.系列の VisibleCount プロパティが正確に動作しない。
16.キャンドル系列に Null 値を追加すると黒いキャンドルが描画される。
17.関連付けられている軸の Inverted プロパティが true に設定されている場合、カラーグリッド系列が正確に描画されない。
18.ヒストグラム系列の最初の値が間違って計算される。
19.軸ラベルのインクリメントを計算する場合で値に大きな差があるとクラッシュする。
20.マルチラインチャートのフッターとサブフッターが正確に描画されない。
21.IrregularGrid=true の場合、TColorGridSeries.Clicked メソッドが動作しない。
22.2Dの縦棒系列の負の値が GDI+ キャンバスで正確に描画されない。
23.ClockWiseLabels が false の場合、極系列が正確に描画されない。
24.2D の円が GDI+ キャンバスを使用して正確に描画されない。
25.3D モードの円系列で、各スライスのブラシにイメージがサポートされた。
26.等高線系列のエディタで塗りつぶしたチェックボックスがデザイン時に機能しなかった。
27.カラーグリッド系列の SmoothBitmap プロパティが正しく動作しなかった。
28.TLegendItem.Text を設定するとエラーが発生した。
29.スクロール時で水平軸が反転になっている場合、系列ポイントが正確に描画されなかった。
30.横ヒストグラム系列の垂直軸が反転されている場合、正確に描画されなかった。
31.エラー系列でマーカチップツールが正確に動作しなかった。
31.OnGetAxisLabel イベントの使用時に、軸上でラベルをきちんと変更できる(例:切り取れる)が、軸ラベルのサイズの計算がラベル全体で行われるため、下に余白がたくさん表示されてしまう。
32.タグクラウド系列の値が1つしかない場合、例外が発生する。
33.チャートにドローラインツールとアンチエイリアスツールを使用した場合でチャート領域外にスクロールするとエラーが発生する。
34.3D エディタダイアログで 100 以上のPerspectiveの値が設定できた。
35.ドローラインツールをアンチエイリアスツールまたはTGDIPlusCanvas と一緒に使用した場合、線が正確に描画されない。
36.カラーグリッド系列が OpenGL または PDFExport で正確に表示されなかった。
37.一部の関数が横系列で正しく動作しなかった。
38.セレクターツールを使用して null ポイントを持つ系列からマーカを選択するとエラーが発生した。
39.PDF と GIF エクスポートと RAD Studio 2009 でのエクスポートエラー。
40.RAD Studio 2009 から一部の「データ」テキスト形式をエクスポートするとエラーが発生する(Unicode のエンコーディングに関連)。

Copyright (C) NEWTONE Corporation. All rights reserved.