ニュートン メニュー

株式会社ニュートン

マイクロソフトパートナー

YouTube公式チャンネル

体験版ダウンロード

製品案内

ライセンスパック

ライセンスについて

カスタマイズ受付

製品購入ガイド

オンラインショップ
直販ショップ !
ニュートンストアで購入
コンポーネントソース
コンポーネントソースで購入

優待販売・
 キャンペーン情報

ユーザサービス
〔サポートページ〕

サポート体制

お知らせ
・ニュースリリース
・イベント出展
・製品関連記事

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ先

 
ニュートンホーム 更新履歴
Report Sharp Shooter 3.7J

スーパーフレキシブル 帳票コンポーネント
Report Sharp Shooter 3.7J

Report Sharp Shooter 3.7J の更新履歴は、以下の通りです。
必要に応じてここをクリックして、最新のモジュールをダウンロードしてご利用ください。


【Report Sharp Shooter 3.7J 更新履歴一覧】

FixNo.

更新日

内容

8

2011/02/10

Report Sharp Shooter のレポートビューアで、「ファイル」メニューの最下行の名称を次の通り修正いたしました。

(誤) 「ビューアの編集(x)」
(正) 「ビューアを閉じる(x)」

変更ファイルは、次のファイル(のみ)です。(DLLファイルなどには変更はありません。)

インストールしたフォルダ(デフォルトでは、C:\Program Files\Perpetuum Software\Net ModelKit Suite)内のLocalizationフォルダ内の「Japanese.xml

最新モジュールのダウンロードページより、同ファイルをダウンロードしてご利用ください。

開発環境への更新方法

ダウンロードした同ファイルを上記フォルダに上書きコピーしてください。

既存実行環境への 手動での更新方法

ダウンロードした同ファイルを同ファイルが存在する既存のフォルダに上書きコピーしてください
 

7

2011/01/20

開発環境への更新方法
各製品の正規登録ユーザ専用サービスページの「最新モジュール ダウンロード」よりバージョン:3.9.0.2(更新日:2011/01/07)のDLLが入ったZipファイルをダウンロードしてください。
ダウンロードしたZipファイルを解凍して、製品の既存BINフォルダ(デフォルトではC:\Program Files\Perpetuum Software\Net ModelKit Suite\Bin)に上書きコピーしてください。
その際、既存のBINフォルダはあらかじめバックアップをおとりください。

既存の実行環境へ再配布する必要があるファイルの一覧
1.BIN フォルダ内の PerpetuumSoft.*.DLL
 
(バージョン:3.9.0.2/更新日:2011/01/07)
2.BIN フォルダ内の itextsharp.DLL
 
(バージョン:4.1.6.0/更新日:2010/10/06)

更新内容
Report Sharp Shooter

「修正項目」
●バーコード読み取り不良
次の状況下で印刷したバーコードをバーコードリーダーで読み取った場合読み取れないバーコードがあった。
 ・Windows用ビューアでPDFにエクスポートしたものを印刷したバーコード
 ・Web用ビューアで直接印刷したバーコード
 ・Web用ビューアでPDFにエクスポートしたものを印刷したバーコード

「未解決の不具合項目」
1.PDFへのエクスポートで、Windows 2008 Server上での実行時に、アドバンステキスト(AdvancedText)コントロールに指定した下線が表示されない場合がある。
ただし、その場合もアドバンステキストのテクストボックスの縦方向のサイズに若干の余裕を持たせて配置することで下線が表示されます。
(次回以降の更新で修正予定)
 

6

2010/07/06

開発環境への更新方法
インストール済みの当該製品をアンインストール後、新しいインストーラ(.MSI)で再度インストールしてください。その際、前回インストール後、変更した重要なファイルはあらかじめバックアップをおとりください。

既存の実行環境へ再配布する必要があるファイルの一覧
1.BIN フォルダ内の PerpetuumSoft.*.DLL
 (バージョン:3.9.0.2/更新日:2010/07/06)
 ※このうち「Report Sharp Shooter」に必要なファイル
 
詳しくは、「運用について.pdf」の「B.配布するシステムファイル」を参照
2.BIN フォルダ内の itextsharp.DLL
 
(バージョン:4.1.6.0/更新日:2009/07/07)
3.Localizationフォルダ内の Japanese.xml
 
(更新日:2010/05/28)

更新内容
Report Sharp Shooter

「修正項目」
1.PDFへのエクスポートで、Windows 2008 Server上での実行時に、アドバンステキスト(AdvancedText)コントロール、テキストボックス(TextBox)コントロールに日本語文字が表示されない場合があったことの修正。

「未解決の不具合項目」
1.PDFへのエクスポートで、Windows 2008 Server上での実行時に、アドバンステキスト(AdvancedText)コントロールに指定した下線が表示されない場合がある。
(次回以降の更新で修正予定)

その他
サンプルプロジェクトおよび実行型サンプル(EXE)の一部を修正。
 

5

2010/05/31

開発環境への更新方法
インストール済みの当該製品をアンインストール後、新しいインストーラ(.MSI)で再度インストールしてください。その際、前回インストール後、変更した重要なファイルはあらかじめバックアップをおとりください。

既存の実行環境へ再配布する必要があるファイルの一覧
1.BIN フォルダ内の PerpetuumSoft.*.DLL
 (バージョン:3.9.0.2/更新日:2010/05/21)
 ※このうち「Report Sharp Shooter」に必要なファイル
 
詳しくは、「運用について.pdf」の「B.配布するシステムファイル」を参照
2.BIN フォルダ内の itextsharp.DLL (今回より必要な新規のファイル)
 
(バージョン:4.1.6.0/更新日:2009/07/07)
3.Localizationフォルダ内の Japanese.xml
 
(更新日:2010/05/28)

更新内容
Report Sharp Shooter
「新機能」
1.PDFエクスポート時のオプションダイアログに「セキュリティ設定」項目を追加。
・暗号化レベル(なし/低(40bit RC4)/高(128bit RC4)の設定
・ドキュメントを開くためのパスワード設定
・変更許可パスワードの設定
・変更許可パスワードの対象(印刷/コメント/ドキュメントの変更/コピー)の設定

「修正項目」
1.PDFエクスポート時に太字、斜体、外字が反映されないことの修正。
2.PDFエクスポート時に(主にWebアプリケーションの場合)、同時に多数のアクセスや多量のページなどによりサーバーに負荷をかけた場合にメモリリークが発生する場合があることの修正。

その他
サンプルプロジェクトおよび実行型サンプル(EXE)の一部を修正。
 

4

2009/04/24

内部バージョン 3.9.0.2

「新機能」
1.グループバンドからデータソースのフィールド値を取得できます。
2.LINQ to SQL クエリをデータソースとしてサポート。

「修正項目」
1.アドバンステキスト内のテキストの位置。
2.アドバンステキスト内でのテキストの改ページ。
3.集計コレクションエディタのバグ修正。
4.HTML へのエクスポート時のイメージのズーム。
5.各ページにヘッダーを表示(RepeatEveryPage = true)。
6.解像度の高いイメージを含んだドキュメントを RTF にエクスポート。
7.ドキュメントを RTF にエクスポートする際のイメージ品質の設定。
8.並列セクションの表示。
9.レポート内の2つのピボットテーブル間の余分なページ。
10.Code39 Extended バーコードのラベル。
11.PDF ドキュメント内の下線付きテキストの不正な表示。
12.サブレポートにおけるNewPageaBefore/NewPageAfter プロパティ。
13.ReportSlotがドキュメントを保存できない状態の場合のエラー処理。
14.PDF ドキュメントの圧縮。
15.Mozilla Firefox でのレポートのウェブビューアツールボックスの整合性。
16.レポートのウェブビューアコンポーネントと AJAX の動作。
17.PageHeader、PageFooter における共通の出力順。
18.データバンドのレコード数をサブレポートに渡す。
19.レポートのパラメータをサブレポートからマスターレポートに渡す。
20.データバンドコンポーネントでのソート。
21.イメージを RTF にエクスポート。。
22.Crystal Reportsファイルからのインポートで、ファイルによってエラーになる件。
23.郵便カスタマバーコードの改良。

【郵便カスタマバーコードの改良】
BarCodeオブジェクトで、CodeTypeプロパティがJapan_Postal(郵便カスタマバーコード)の場合にBarPointプロパティにバーコードのポイント数(日本郵便では8ポイントから11.5ポイントを推奨、デフォルト10ポイント)を指定することで自動的にBarCodeオブジェクトの大きさが決まるように変更されました。なお、BarPointプロパティはCodeTypeプロパティがJapan_Postalの場合のみ有効なプロパティです。

3

2008/10/06

1.インストール中に「××××.dllで登録に失敗しました」といったメッセージが表示される場合があることの修正。
2.PDF形式へのエクスポートで日本語が化ける場合があったことの修正。ドキュメントあたり文字の種類が128種類以上になった場合に発生していた。

2

2008/09/25

「クラスリファレンス」の日本語版を公開。

1

2008/07/30

内部バージョン 3.8

「新機能」
BarCode コントロールに「QRコード」を追加した。

「修正項目」
1.VisualStudio2008 にインストールする際、ツールボックスに Report Sharp Shooter のコントロールを追加できるようにした。
2.その他、Excel Export 時の不具合修正など。

Copyright (C) NEWTONE Corporation. All rights reserved.