ニュートン メニュー

株式会社ニュートン

マイクロソフトパートナー

YouTube公式チャンネル

体験版ダウンロード

製品案内

ライセンスパック

ライセンスについて

カスタマイズ受付

製品購入ガイド

オンラインショップ
直販ショップ !
ニュートンストアで購入
コンポーネントソース
コンポーネントソースで購入

優待販売・
 キャンペーン情報

ユーザサービス
〔サポートページ〕

サポート体制

お知らせ
・ニュースリリース
・イベント出展
・製品関連記事

会社概要

個人情報保護方針

お問い合わせ先

 
ニュートンホーム パッケージ製品案内
TeeChart Pro 4J

この製品は、2002年12月19日で販売を終了いたしました。
後継製品「TeeChart Pro 5J」の情報はこちらです。

 

Webアプリケーション開発対応

インタラクティブチャートコンポーネント

TeeChart Pro 4J
[ティーチャートプロ・フォージェイ]

ActiveX/VCL/VCL+Source


TeeChart Proは、チャートを利用するアプリケーション作成を支援する強力なチャートコンポーネントです。ビギナー開発者にはやさしく、経験豊富なプログラマにはより高度な機能を提供します。ビジネス、エンジニアリング、金融、統計、科学、医療などさまざまな分野での用途に対応します。TeeChart Proはチャート、リストボックス、チャートエディタ、プレビュー、コマンダーの5つのコントロールで構成され、25種類の基本チャート(2D、3D両対応)、700以上のプロパティ・メソッドや統計関数を含む諸関数群を装備しています。デザイン時はもちろん実行時においても、プログラマがコードを書くことなく、ユーザはアクティブなチャートに対して、インタラクティブな操作やチャート要素の変更などを実現できます。データ接続では、ODBCデータソース、ADOレコードセットをサポート。Internet Information ServerとASPを用いたWebアプリケーション開発での利用も可能です。OpenGLをサポートし、高速な3Dチャートを実現しています。入門用チュートリアルを含み分かりやすく解説されたプログラミングガイド、すべてのドキュメントを含んだオンラインヘルプや数十種類のサンプルプログラムを同梱しています。
VCL製品版とDelphi/C++Builderバンドル版の比較表




基本チャートの種類(2D、3D対応

リボン、縦棒、横棒、面、散布図、円、折れ線、シェープ、ガント、泡、矢印、3Dサーフェス、等高線、極、ローソク足、レーダー、ボリューム、エラーバー、エラー、ベジェ、3D散布のほか、エキストラチャート種が利用できます。全てのチャートは、その種類を指定すると自動的にその特性に応じた項目が設定対象になります。










コードレスでインタラクティブな操作を実現

TeeChartは、プログラマがコードを書くことなく実現できる機能が数多くあります。

■コマンダーコントロール

アプリケーション実行時にチャートの回転や移動、ズーミング、奥行効果,印刷プレビュー、コピーなどのユーザ操作を実現できます。

■チャートエディタ

ユーザはチャートエディタを使って、アクティブなチャートに対して様々な追加や変更を加えることができます。たとえば、既存系列間の累積を新しい系列として追加したり、軸の目盛やタイトルの変更、凡例の枠スタイルの変更、パネルグラデーションの設定、床壁のスタイル指定など数多くの項目がユーザ操作で可能になります。

エキストラチャート種

3Dバー、イメージバー、風向図、時計などの非常に特色のあるチャートも表現できます。たとえば、イメージバーチャートでは、縦棒にマップするイメージファイルが指定でき、データ値により自動的にスケーリングされます。

インターネット・イントラネットアプリケーションへの対応

インターネット・イントラネットのWebページにTeeChartを利用できます。たとえば、次のような利用方法があります。

■クライアントODBCアクセス

イントラネットでは、クライアントのブラウザから直接アクセスされるHTMLページにTeeChartコントロールを追加する方法があります。この場合、ブラウザがTeeChartコントロールのあるページを表示するとローカルなインスタンスを確立しチャートに定義されたどんなODBCデータソースもローカルODBC DSNを通してサーバーのデータベースに接続することができます。

■Teeテンプレートの利用

Teeテンプレートテクノロジは、クライアントでODBCを必要としないLive ODBCデータベースのチャートアプリケーションの配布を実現します。ブラウザ上でズーミングやスクロールできる”動きのある”チャート表示を可能とします。Teeテンプレートファイルはチャートのデータと表示情報などを含んだ非常に小さなファイルです。このファイルは、Webサーバーで集中的に作成されクライアントのブラウザに配布されます。

■静的なJPEGファイルとしてのチャート

この場合は、クライアントのブラウザがTeeChartコントロールへのアクセスを必要としません。チャートをJPEGイメージとして保存する機能やブラウザに直接JPEGチャートを転送するストリームを作成する機能を利用できます。このアプローチは全てのブラウザにとって一般的で均一なチャートアプリケーションを作成する場合に有効です。

■IISとASPを用いたWebアプリケーション

TeeChartは、Internet Information Server(IIS)、Active Server Pages(ASP)をサポートします。ASPでサーバーサイドのスクリプトを実行できます。たとえば、サーバー上のデータベースに対するADO結果セットに基づくチャートを作成することができます。これによりユーザの要求に応じたインタラクティブなチャートを提供できます。

複数のデータ系列や軸を同時に表示

複数のデータ系列、複数の軸の組み合わせを同時に1つのチャートとして表示できます。

便利な関数機能

既存の系列をもとに、TeeChartが標準で提供する統計関数から新しい系列を自動的に作成することができます。プログラマは面倒な計算処理を作成する手間が不要です。関数の種類は、和、差分、積、商、最大、最小、平均値、移動平均値、指数平均値、RSI、運動量、標準偏差、系列組み合わせ、トレンド、累積、計算などがあります。

チャートの印刷

チャートの印刷には、TeeChartの印刷系のメソッドなどを使いコードで記述する方法のほかに、プレビューコントロールを利用することもできます。プレビューコントロールはコードを必要とせず実行時にユーザ側で印刷に関する設定をリアルタイムなプレビューを見ながら調整し印刷できます。プレビューに表示されるチャート上で直接、用紙の余白やチャートの大きさ、用紙上の位置などをマウスのドラッグ操作で変更できます。

カスタム描画機能

TeeChartはCanvasオブジェクトにより、多彩なカスタム描画機能を提供しています。Canvasオブジェクトを利用してチャートのパネルのどこにでも2D・3D図形、線、テキストを追加することができます。ペンスタイルやブラシスタイル、背景色、枠スタイル、パターンスタイル、フォント、描画位置などの詳細な設定が可能です。

チャート上のハンドルを利用したコーディング

TeeChartは、CanvasオブジェクトのHandleDCプロパティでチャート上のハンドル(デバイスコンテキスト)を参照できます。これを利用して、たとえばTeeChartのチャート上にイメージなどを表示することもできます。

チャートのページング

対象のデータソースがチャートのスクリーンに表示しきれないほど大きなデータを含んでいる場合、TeeChartのチャートをページ単位に分割するページング機能が役に立ちます。これは、チャートエディタのほか、コーディングで制御することもできます。各ページに表示するポイント数、前後ページの移動、カレントページの指定、最終ページでの自動スケーリング指定、ページングに関するイベントなども実装しています。

チャートのエクスポートとインポート

TeeChartでは、TeeChartオリジナルのTeeテンプレートファイルへの出力のほかにチャートをイメージとしてエクスポートできるメソッドを用意しています。クリップボード(Bitmap、Metafile)およびBMP、WMF、EMF、JPEGの各ファイル形式として出力できます。読込みは、Teeテンプレートファイルをローカル・リモートファイルまたはURLアドレスからインポートできます。

ランタイムライセンスについて

TeeChart Pro 4Jを使用してお客様が作成したアプリケーションは、ユーザ登録カードを返送いただくことで、無償で配布できます。但し、Web Serverランタイムライセンスは別途ライセンス料が必要です。

また、本製品を使用して「再利用可能なコンポーネント(ActiveXコントロール、DLL、VCLコンポーネントなど)」として作成したソフトウェアの配布には配布数分の「開発ライセンス」が必要になります。

ライセンスパック

お客様がTeeChart Pro 4Jを使用して複数のコンピュータで開発される場合の「開発ライセンスパック」と、複数のWeb Server で運用される場合の「Web Serverランタイムライセンスパック」をご用意しております。詳しくはこちらへどうぞ。

標準価格(税別)

TeeChart Pro 4J ActiveX

59,000

ActiveX Web Server 1ランタイムライセンス

31,000

※「TeeChart Pro 4J ActiveX」はDelphi、C++Builderでは使用できません。
TeeChart Pro 4J VCL

49,000

VCL Web Server 1ランタイムライセンス

25,000

TeeChart Pro 4J VCL+Source
「TeeChart Pro 4J VCL」の内容に加えて、VCLソースファイル、開発者ガイドが付属します。

86,000

対応環境

対応OS Windows2000/98/95/NT4.0/Me/XP
対応コンテナ ActiveX

Visual Basic6.0/5.0/4.0(32Bit)、Visual C++6.0、
Office2000/97、Access2000/97、
Internet Information Server4.0、
Internet Explorer5.0/4.0、Front Page2000/98/97

VCL

Delphi5.0/4.0/3.1/3.0/2.0、C++Builder5/4/3

パッケージ内容

■通常パッケージ:
CD-ROM/プログラミングガイド(日本語)/開発者ガイド(日本語:VCL+Sourceのみ付属)/ユーザ登録カード
■Web Server 1ランタイムライセンス:
ライセンス許諾契約書、ユーザ登録カード(CD-ROM、マニュアル類は付属していません)

◆TeeChart Proの開発元はスペインSteema Software社です。
◆TeeChart Pro 4J日本語版開発および国内独占販売元は株式会社ニュートンです。

※表記中の社名、製品名などは一般に各社の商標または、登録商標です。
※本仕様、及び価格などは予告なしに変更する場合があります。
※表記価格は、すべて税別の標準価格です。

Copyright (C) NEWTONE Corporation. All rights reserved.